分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 人事・労務 分野一覧 > 中堅・中小企業でもできる!残業ゼロの労務管理のポイントと仕組みづくり

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

(事業活動総合案内 No.11)

中堅・中小企業でもできる働き方改革

残業ゼロの労務管理のポイントと仕組みづくり

平成30年度の人事・労務トピックと対応策も交えて解説します~

スケジュール等

開催日 2018年5月15日(火) 10:00~17:00
会場

九州生産性本部セミナー室

福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階

講師

社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティング 代表社員

望月 建吾 氏

対象者

経営幹部

人事・労務・総務部門の管理者、担当者

労組幹部

参加費(税込)
1名につき

九州生産性本部会員労組        24,840円

九州労組生産性会議(九労生)会員労組 24,840円

九州生産性本部会員企業        27,000円

未会員労組              32,400円
未会員企業              38,880円

詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

◇ここ数年の労働法改正で、時間外労働の削減や有休取得率の向上、同一労働同一賃金への対応は必要不可欠です。しかし、人手不足により、すでに多くの業務を抱えた状態で時間外労働削減や有休取得率アップをするのは難しく、定時退社の強制や残業制限といった、現場への丸投げによる働き方改革を行うだけでは根本的な解決にはなりません。


◇残業ゼロを実現するためには、限られた時間内でいかにして業務を遂行していくかという生産性向上(効率化・標準化)への意識改革が必要ですし、就業規則・賃金制度・人事制度の見直しを行うことも重要です。つまり、従業員の意識改革と生産性向上にむけた諸制度の仕組みづくりを並行して行って初めて効果が出てくるといえます。


◇本セミナーでは、これまで様々な業種250社以上で、残業ゼロの労務管理™支援の実績のある望月講師が、実際の企業の成功事例を交えながら、中堅・中小企業でもできる残業ゼロの労務管理のポイントと仕組みづくりについて解説します。

講座内容

はじめに:平成30年度の人事&労務トピックと同一労働同一賃金への対応策

1.長時間労働削減&生産性upを成功させた経営者が実践している10か条

 (1)「行動」が伴わない“意識改革”からの脱却
 (2)「残業ゼロ」成功のキモは社長の「真剣度」を内外に示すこと

 (3)“言い訳の谷”を埋めること
 (4)“キラキラ・ワード”を言わないこと など

2.残業ゼロの労務管理™~具体的に何をしたらいいのか?~

 (1)残業ゼロの労務管理™で行う3つの仕組みづくりとは?
 (2)残業ゼロの労務管理™活動ワーキング・グループの仕組み

 (3)WG参加者の人選は公募が大原則!
 (4)WG統括責任者の人選基準とは?
 (5)無駄な会議をなくし、会議の冗長化を防ぐ3つのポイント など

3.小さな会社でも成功!業種別 残業ゼロの労務管理™5社の成功事例

 (1)「ノー残業デー」を形骸化させないために絶対やるべきたった2つの取り組み
    -【都内のプラスティック製品製造業A社】の事例-
 (2)残業削減を目指す会社の「残業申請書&報告書」の書式はこれ!
    -【神奈川県内の医療機器製造業C社】の事例-
 (3)従業員の“残業ゼロ破り”にはこう対応する
    -【都内の公益社団法人E社】の事例-               など

4.就業規則づくりにおける残業ゼロ関連五つのポイント

 (1)【残業申請の形骸化防止策】「残業の事前申請・許可制」の徹底で

   長時間労働に頼った緩慢な業務遂行に渇!
 (2)【名ばかり管理職】“管理職”の未払い残業代リスクにご注意あれ!
 (3)【みなし残業手当】“年俸制”や“営業手当”では 未払い残業代リスクは無くならない!

 (4)【裁量労働制】裁量労働制は“残業代免除”の免罪符ではない!
 (5)【賞与で後払い】時間外・休日労働手当を賞与で後払いするのは違法!

5.まとめ

 (1)1日の振り返りと質疑応答
 (2)明日から実践していただくために

講師紹介

社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティング 代表社員

特定社会保険労務士 

残業ゼロ将軍(R)


望月 建吾 氏

社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティング 代表社員。特定社会保険労務士/残業ゼロ将軍(R)。平成15年社会保険労務士試験に合格。
残業ゼロの労務管理™支援の実績250社以上、就業規則づくり支援の実績700社以上、人事制度づくり支援の実績250社以上。
メガバンク系シンクタンクや全国の商工会議所、都道府県社会保険労務士会などでの講演実績多数。NHK「クローズアップ現代」「あさイチ」など専門家としての全国ネットのテレビ出演多数。 


【主要著書】

『小さな会社でもできた!残業ゼロの労務管理』(レクシスネクシス・ジャパン)

『労使共働で納得できるWG式就業規則づくり』(経営書院)

その他多数

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:案浦)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve