分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月02日 5月開催
2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 人事・労務 分野一覧 > 【新】1日で学ぶ給与計算の基礎実務

 

キャンセル待ち

おかげさまで本セミナーは定員に達しました。

今後お申込みいただいた場合は、キャンセル待ちでの受付となります。

(事業活動総合案内 No.12)

★2018年度新規セミナー

1日で学ぶ給与計算の基礎実務

~制度の仕組み、計算方法の基本や実務における留意点から今年見直された配偶者控除等の扱いまで解説~

スケジュール等

開催日 2018年5月25日(金) 10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

社会保険労務士法人YWOO 代表

特定社会保険労務士

渡辺 葉子 氏

対象者

社会保険・給与計算の実務担当者

参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,000円
未会員企業  38,880円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

「その給与計算が正しいと自信をもって断言できますか?」
「給与計算をソフト任せにしていませんか?」
給与計算は、ソフトを操作する担当者の知識や情報、経験による判断次第で正しいかどうかが決まってしまいます。見よう見まねで給与計算をするのは非常に危険です。そして、給与計算は、一度間違えると、長期間ずっとその過ちに気がつかないこともあります。
本セミナーでは、(1)給与計算に必要な労働基準法や労働・社会保険の基礎知識、(2)所得税や住民税のしくみ、(3)給与計算に必要なマイナンバーの知識を分かりやすく解説し、さらに給与(賞与)計算を手計算で行う演習により、計算の仕組みと留意点を身につけていただきます。
また、今年から見直された配偶者控除等のしくみや、給与計算や年末調整の実務で留意すべき点、働き方改革関連法案の中の給与計算に関する労働法改正の最新情報もお届けします。
新任者の方をはじめ、すでに実務を担当されている方もこの機会に初心に戻って一から確認する場としてご活用いただきたくご案内申し上げます。

講座内容

1.給与計算とは
1)賃金とは何か?賃金のしくみ
2)給与計算担当者になる時にこそすべきこと
3)給与計算ソフトのしくみと計算前に確認すべきこと。給与計算ソフトを上手に使うポイント

2.給与(賞与)計算フロー
1)月間フローと年間フロー
2)給与計算前に準備するもの、確認すべき事項 
  ※「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の見方等
3)必要な労使協定

3.給与(賞与)計算に必要な労働基準法の基礎知識
  労働基準法の適用と適用除外/労働時間/休日/休憩/変形労働時間制/裁量労働時間制/

  時間外労働・休日労働/割増賃金/36協定・特別条項付き36協定/裁量労働/裁量労働

  と変形労働の時間外労働/代休と振替休日/年次有給休暇/減額制裁の制限/平均賃金/

  賃金支払いの5原則/認められる端数処理の範囲/非常時払い・休業手当・その他の知

  識/(労働基準法の一部改正による)時間外労働に関する割増賃金率の引上げ・時間

  単位の年次有給休暇・代替休暇等
   ★働き方改革関連法案の進捗状況により、内容を追加予定   

4.給与(賞与)計算に必要な労働・社会保険の基礎知識
1)労働・社会保険の概要
  保険事故と給付/労働・社会保険に加入する人・しない人/健康保険の被扶養者と第3号

  被保険者 等
2)社会保険(健康保険・厚生年金保険)の保険料のしくみと徴収方法
  賃金と報酬/社会保険料のしくみと徴収、免除/報酬月額の決定(報酬となるもの・なら

  ないもの)/(参考)現物給与/標準報酬月額の決定と改定及び特例 等
3)労働保険(雇用保険・労災保険)の保険料のしくみと徴収方法
  雇用保険料のしくみと徴収、免除/労災保険料のしくみ/賃金とするもの・しないもの/

  労働保険料の申告・納付(年度更新)/延納制度/メリット制 等
   ★昨今の雇用保険法等の一部改正による扱いの変更点

5.給与(賞与)計算に最低限必要な2つの税の基礎知識
1)所得税の知識
  課税所得と非課税所得/源泉徴収の対象者と給与所得者の扶養等(異動)申告書/源泉所

  得税のしくみ(算出方法)/居住者と非居住者/カフェテリアプランと税
   ★今年から見直された、控除対象配偶者と生計同一配偶者・源泉控除対象配偶者・障

    害者である生計同一配偶者の扱いと配偶者特別控除の知識
2)住民税の知識
   住民税のしくみ(特別徴収と普通徴収)

6.担当者に必要なマイナンバーの知識と実務
  1)給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の扱いと留意事項
  2)源泉徴収票等の法定調書の扱いと留意事項
  3)その他、担当者に必要なマイナンバーの知識と最新情報

7.Challenge!!  実際に給与&賞与計算をしてみる【演習】
  1)給与計算フロー
  2)賞与計算フロー

8.その他の知識
  1)年末調整の役割
  2)昨今の法改正         


◎演習問題を解いていただきますので、当日は「電卓」をご持参下さい。

講師紹介

社会保険労務士法人YWOO 代表

特定社会保険労務士


渡辺 葉子 氏

損害保険業、人材派遣業を経て、2006年人事労務コンサルティングを中心に活動するYWOO株式会社を設立。その後2016年社会保険労務士法人YWOOを設立。企業の人事労務及び営業支援コンサルティングを行う。同時に、年金・社会保険・給与計算・高齢者活用・人材活用・助成金・マイナンバー等幅広いカテゴリーの企業向けセミナーに加え、セカンドライフセミナー・キャリアチェンジ&マインドチェンジ等の社員研修やセミナーを全国展開で開催中。さらに、企業の人事労務担当者の育成、執筆も多数(現在も数社連載中)。加えて、企業のバックオフィスアウトソース受託業務も行っている。
【資格等】
社会保険労務士、特定社会保険労務士、日本年金学会正会員、年金アドバイザー、(旧)上級生命保険設計士・(旧)損害保険特級一般代理店資格、FP,マイナンバー管理士、上級個人情報保護士、マイナンバー1級資格など

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:水口)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve