分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 人事・労務 分野一覧 > 60歳以降の継続雇用における賃金・労働条件の設計

 

icon_status_no.png

※講座内容は、前回実施内容を参考までに掲載

(事業活動総合案内 No.18)

60歳以降の継続雇用における賃金・労働条件の設計

スケジュール等

開催日 2018年9月上旬 10:00~17:00
会場 福岡市内会場
講師

社会保険労務士事務所トムズコンサルタント 代表社員

特定社会保険労務士

河西 知一 氏

対象者

経営幹部

総務・人事部門の管理者、担当者

労組幹部

参加費(税込)
1名につき

賛助会員企業   25,920円

九労生・会員労組 23,760円
未会員企業    36,720円

未会員労組    31,320円

詳細案内

パンフレット(PDF)


ご案内

◆平成25年に高年齢者雇用安定法が改正され、企業は原則希望者全員を65歳まで雇用することが義務づけられました。改正から4年経ち、60歳以上の雇用についての取り組みは進んでいますが、一方で賃金や処遇、働き方の面で様々な課題も見えてきました。


◆これから65歳まで現役で働き続ける社員がますます増えていく中で、重要な戦力として会社に貢献してもらうためにも、働き方や活躍に見合った賃金や処遇などの人事制度を整備することが重要です。


◆そこで、本セミナーでは、人事コンサルタントして豊富な経験を持つ河西氏が、
  (1)高年齢者雇用安定法の重要点の再確認
  (2)改正後の企業の取り組み状況と課題
  (3)これからの高年齢社員に関わる人事制度
  (4)労務管理のポイント 
などについて分かりやすく解説いたします。

講座内容

1. 高年齢者雇用安定法改正後の企業動向
 (1)改正内容のポイント復習
 (2)高年齢社員雇用の実態
   ・雇用形態   ・仕事   ・給与

   ・賞与・退職金 ・人事評価 ・福利厚生等
 (3)改正以降の企業の成功事例と失敗事例
2. これからの高年齢社員の人事制度
 (1)雇用が目的化した高齢社員雇用の弊害とは
 (2)役職定年は本当に必要なのか
 (3)現役社員の人事制度と分けて考えるのか
 (4)会社は高年齢社員に何を求めるのか
   ・高年齢社員の優れた点とは何か
   ・組織において求める役割とは
   ・仕事において求める役割とは
 (5)高年齢社員の処遇制度
   ・役割や仕事を基準とした給与制度に
   ・その上で必要となる人事評価
   ・役職制度と高年齢社員雇用
   ・年金や雇用継続給付を活用する働き方と仕事
   ・退職金制度をインセンティブ化させる
   ・有期契約の不合理条件禁止と高年齢社員雇用
 (6)多様な働き方
   ・高年齢社員にもワークライフバランス
   ・働き方に応じた処遇制度
 (7)職場環境の改善
   ・会社全体にも良い影響をもたらす職場改善
   ・職場環境の改善は仕事の改善に
3. 高年齢社員雇用の労務管理上の留意点
 (1)59歳までの留意点
 (2)59歳時の留意点
 (3)再雇用拒否の是非
 (4)雇止めの是非
 (5)有期労働者としての高年齢社員雇用
 (6)衛生管理・安全管理の留意点

 (7)同一労働同一賃金と再雇用

講師紹介

社会保険労務士法人トムズコンサルタント 代表社員

特定社会保険労務士

河西 知一 氏

大手外資系企業などで財務・人事部門の管理職を経験の後、社会保険労務士資格を取得し、社会保険労務士法人トムズコンサルタントを設立。労務管理、賃金体系の改定、社会保険、労働保険などの業務を通じて数多くの企業の指導にあたる。平成11年4月、トムズ・コンサルタント(株)を設立。上場企業から中小企業まで幅広く人事労務問題・賃金に関するコンサルティングを手掛けている。銀行系総研での明快な講義と懇切な指導には定評がある。


【著 書】 
 「法律家のための年金・保険Q&A」(新日本法規出版)
 「やってはいけない会社の人事」(総合法令出版)
 「事例からわかるモンスター社員への対応」(泉文堂)他専門書の執筆多数

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:案浦)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve