分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催
2018年06月29日 9月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 財務・経理分野一覧 > 経理リーダーに必須の4つの力

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

(事業活動総合案内 No.44)

経理リーダーに必須の4つの力

「効率仕事力」「計数管理力」「財務提案力」「経営貢献力」を修得し、「経理力」を向上する~

スケジュール等

開催日 2018年6月8日(金) 10:00~17:00
会場 電気ビル本館 地下2階 8号会議室
福岡市中央区渡辺通2-1-82
講師

一般社団法人経理革新プロジェクト

代表・税理士

児玉 尚彦 氏

対象者 経理、財務部門の担当者、リーダー、管理者
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 28,080円
未会員企業  39,960円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

IT化・事務効率化により、経理の役割が変わりつつあります。
近年、経営環境の変化は激しくなり、経理部門も変化に応じたスピーディな対応が求められています。また、IT化や事務効率化により、経理の仕事は以前のような手書きで伝票や帳簿をつける仕事はなくなりつつあります。これからの経理には会計的な視点で会社の状態を捉え、一歩踏み込んで考えることがより一層求められています。


 ルーティン作業から脱却し、組織に貢献する経理リーダーにステップアップ!
組織に貢献する経理リーダーになるためには、単純な事務作業や決算書作成だけでなく、現状を分析、改善し、未来を予測することが重要です。そして、結果を経営トップや社内、社外のステークホルダーに対し、分かりやすく報告する力も求められます。


本講座では経理リーダーに必須となる4つの力、
「効率仕事力」…IT活用、事務作業の効率化で生産性を向上!
「計数管理力」…現状を把握した上で分析し、異常値を捉える!
「財務提案力」…タイムリーに分かりやすく報告する力が経理の評価を変える!
「経営貢献力」…財務計画・予算編成で未来を予測し、経営に貢献する!
を身につけることで、「経理力」の向上を目指します。


講師が7,000社以上の経理担当者から得た情報と法則をもとに事例を交えて分かりやすく解説いたします。経理、財務部門の担当者、リーダー、管理者の方のご参加をお待ちしております。

講座内容

はじめに.経理人材に必要なスキルとキャリア戦略
  (1)「仕事ができる」経理はどんな働き方をしているのか?
  (2)企業活動のPDCAサイクルを経理が4つのスキルで支援
  (3)これから勝ち残る経理のためのキャリアアップ戦略
1.「効率仕事力」で経理部門の業務効率を向上させる
  (1)事務作業時間を4分の1にして生産性を高める
  (2)経理事務フローを分析し改善検討

     ・伝票書類の流れ、担当者、処理件数、作業時間
  (3)アナログ環境をデジタル化して作業効率を3倍アップ
  (4)業務システム間のデータ連動による自働化

  (5)仕事の属人化の解消
  (6)経理のアウトソーシング活用法
2.「計数管理力」をつけて会社の異常値をキャッチする
  (1)いま重要視されている経営指標の意味と自社活用
     ROE、ROIC、CCC、EBITDA、FCF
  (2)月時業績管理における問題点の見つけ方

     自社の収益構造を分解して「額」と「率」で分析
  (3)経理に必要な財務分析スキルと数字の見方

     財務ツリー分析、収益力分析、資金効率分析
  (4)運転資金の回転でキャッシュフローを重点管理
  (5)決算前の経営診断で格付けアップ

     安全性、収益性、成長性、返済能力の測定と評価
  (6)企業価値を上げる最適資本構成とは
     財務評価を高めるバランスシートの構造を把握

    【演習】経営分析を活用した財務の健全化対策
3.「財務提案力」の差が経理の評価を大きく変える
  (1)社長に評価される財務報告の3つのポイント

     会計が苦手な経営者や幹部へはこうやって説明する
  (2)財務三表を図で解説するExcelグラフの作り方

     BS/PL対比グラフ、移動年計グラフ、収支推移グラフ
  (3)キャッシュフローの改善課題を明瞭化する図解法
  (4)経理が知っておくべき業界動向の情報収集法と使い方
  (5)財務プレゼン資料の作成と社内での実践
  (6)経営に役立てるための月次決算報告の改善ポイント

    【事例】同業他社の経営指標と財務提案への活かし方
4.「経営貢献力」を財務計画・予算編成で発揮する
  (1)事業部門との予算編成会議を仕切る
    ・管理会計の視点で変動費・固定費を検証
  (2)販売計画から資金繰りをシミュレーション
    ・CCC(運転資金回転日数)の改善3年計画
  (3)設備投資計画を収益率と回収期間で判断

    ・経理のROIC予測が過剰な設備投資を抑制する
  (4)成長期と成熟期で変わる財務戦略
  (5)金融経済動向の変化に対応した銀行との交渉術
  (6)中期経営計画の実現を裏づける財務計画を策定

    ・3年後のバランスシートとキャッシュフローをデザイン
まとめ.持続的に成長するための効果的なアプローチ
  (1)4つのスキルの効果的な磨き方

  (2)自分の強みの確認と今後取り組むべき課題の総点検
  (2)「経理力」がアップする参考図書の紹介

講師紹介

一般社団法人経理革新プロジェクト

代表・税理士

児玉 尚彦 氏

1984年埼玉大学経済学部卒業。外資系企業、監査法人、税理士事務所勤務を経て1995年児玉税務会計事務所を設立。
1999年(株)経理がよくなる設立。お客様の経理業務の改善で数々の成果実績をあげる。
2002年企業を経理作業から解放することを目的にして、『経理合理化プロジェクト』を発足。2015年に『経理合理化プロジェクト』を一般社団法人経理革新プロジェクトに法人化。
企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善などを中心に活動。講師を務める「経理財務セミナー」には、10,000社以上が受講、企業経営に貢献できる経理社員の育成を支援している。


【著 書】
「35歳までに身につけておくべきプロの経理力」(日本実業出版社)、「3年で「経理のプロ」になる実践PDCA」(日本実業出版社)、「会社のお金はどこへ消えた?キャッシュバランス・フローでお金を呼び込む59 の鉄則」(ダイヤモンド社)他


申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:京屋)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve