分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 財務・経理分野一覧 > 【新】会計不正の業種別・手口別分類と内部監査手続・内部統制構築のポイント

 

icon_status_ok.png


(事業活動総合案内 No.46)

★2018年度新規セミナー

会計不正の業種別・手口別分類と内部監査手続・内部統制構築のポイント

スケジュール等

開催日 2018年7月24日(火) 10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階 
講師

新日本有限責任監査法人 公認会計士・公認不正検査士

安福 健也 氏

対象者

内部監査部門の管理者、担当者

監査役、取締役

参加費(税込)
1名につき

賛助会員企業 27,000円
未会員企業  38,880円

詳細案内

パンフレット(PDF)


ご案内

景気回復の中でも企業の会計不正の不祥事が後を絶ちません。会計不正が発生すると取引先からの信用だけでなく社会的な信用も失墜し信用回復は容易ではなく、場合によっては企業の存続も脅かされることがあります。このような事態を避けるためには経営リスクの洗い出しと会計不正が起きない仕組みづくりが重要です。
会計不正は、業種業態・事業内容によって発生パターンが異なるものの一定の類型化が可能で、集約すると主要な会計不正の手口は7通りしかありません。


本セミナーは、「会計不正の手口を想定した内部監査手続とは?」の観点から、
(1)会計不正事例の会計不正の特徴をあぶりだす
(2)会計不正のパターンごとに有効な監査手続を検討し、システム統合を含む

   内部統制整備上のポイントをまとめる
(3)会計不正に関する「組織知」を形成する
ことにより監査の切り口を明確にし、ITを活用した異常点監査の手法開発に貢献するための、内部監査・内部統制構築に役立つポイントを経験豊富な講師が詳しく解説致します。

講座内容

1.会計不正
(1)会計不正とどう向き合うか
(2)会計不正の発生領域
(3)内部監査業務プロセスの基本
(4)会計不正発生時の実務対応
2.会計不正100事例の分析
(1)分析の切り口
(2)業種別分類
   ・製造業 ・請負業 ・卸売業 ・小売業 ・サービス業
(3)事業類型別分類
   ・製造販売 ・請負 ・商品売買 ・サービス ・その他
(4)発生場所別分類
   ・本社 ・事業部 ・支店、営業所 ・子会社
(5)職階別分類
   ・経営トップ ・役員 ・上級管理職 ・下位管理職 ・一般職員
3.業種別 内部監査および内部統制構築のポイント
(1)製造業(内部統制まちがい探しクイズ含む)
(2)請負業
(3)卸売業(内部監査ビデオクイズ含む)
(4)小売業
(5)共通的に発生する手口への監査対応
     (内部監査まちがい探しクイズ含む)
4.まとめ(VISION & ACTION)
質疑応答(全体、個別)

講師紹介

新日本有限責任監査法人

公認会計士・公認不正検査士

安福 健也 氏


【経   歴】
平成9年公認会計士試験合格、新日本有限責任監査法人にて、監査業務、品質
管理業務、セミナー企画運営業務に従事。会計教育機構 実務補習所運営委員
兼講師、関西学院大学専門職大学院 非常勤講師(監査基準論担当) 

【著書・論文等】
業種別会計シリーズ「卸売業」 第一法規株式会社 卸売業研究会 共著
ディスクロージャーニュースvol.34 宝印刷株式会社 
論文 近年の「不適切な処理」

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:伊藤)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve