分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 生産・物流分野一覧 > 60の他社事例に学ぶ人為ミス対策の進め方と成功ポイント

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.67)

60の他社事例に学ぶ
人為ミス対策の進め方と成功ポイント

~専用フォーマットを使って、原因分析から対策まで自動的に進める~

スケジュール等

開催日 2018年9月11日(火)  10:00~16:30
会場

九州生産性本部セミナー室 
福岡市中央区渡辺通2-1-82  電気ビル共創館6階

講師

人為ミス研究所 代表

一般社団法人中部産業連盟 委嘱コンサルタント

中山 賢一 氏

一般社団法人中部産業連盟 主任コンサルタント

冨澤 祐子 氏

対象者 製造・設計・物流・サービス部門等の管理者・担当者、品質管理・品質保証スタッフ
ミスの再発にお悩みの現場リーダー、サークルリーダーなど
参加費(税込)
1名につき

賛助会員企業   27,000円

IE協会会員企業 27,000円
未会員企業    38,880円

詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

判断や確認の基準が 「あいまい」 な作業ほど人為ミスを誘発します!!


現場では、管理・監督者の側から見ると、作業標準書は良くできているのに、実際に作業する側からすると、「あいまい」で分かりにくいことが多く、ストレスを感じながら作業している状況がよく見受けられます。


また、判断や確認の基準がはっきりしていない、熟練者の暗黙知が伝承されていない、身体能力を超えた作業負荷が連続する、作業リズムを崩される出来事が起こりやすいなどの人為ミスを引き起こしやすい要因をたくさん抱えている現場もあります。


人為ミスは、管理面(直接原因)と心理面(間接原因)の2つの原因により発生します。したがって、発生した人為ミスに対しては、両面からの対策とともに再発防止策をねばり強く習慣化していくことも重要です。


本セミナーでは、人為ミス特有の人間の心理面(13の心理メカニズム)を60の他社事例で分かりやすく解説するとともに、「人為ミス対策専用フォーマット」を使いながら人為ミス対策の進め方とポイントを習得いただきます。


同じようなミスの再発でお悩みの、様々な業種の現場リーダーや品質管理・品質保証スタッフの皆様のご参加を特にお勧めいたします。

講座内容

1.人為ミスとは
 (1)人は誰でも発生させるもの

 (2)なぜ発生するか
 (3)人為ミスを呼び込みやすい作業
 (4)記憶で作業する怖さ

2.人為ミスの発生メカニズム
 (1)発生のイメージ図
 (2)直接原因

 (3)間接原因

 (4)直接原因と間接原因の違い

3.13の心理メカニズムと60の事例解説
 (1)代表的な7つの心理メカニズムとその事例
 (2)誰でも経験のある3つの心理メカニズムとその事例
 (3)発生に個人差のある3つの心理メカニズムとその事例

4.人為ミスの攻略法
 (1)優先すべきは再発防止
 (2)未然防止への展開法(EHMモデル)

5.ケーススタディによる人為ミス対策の進め方とポイント解説
 (1)一般的な不良対策と人為ミス対策の違い
 (2)人為ミス対策の4ステップ
 (3)13の心理メカニズムにスイッチを入れないためのヒント

6.人為ミス対策書の作成演習
 最近職場で発生した人為ミス事例をもとに、新しい人為ミスの攻略法をお試しいただきます。
 ※演習で新しい人為ミス攻略法を試していただくために、最近職場で発生した
 人為ミス事例(品質面または安全面)をお1人様1件ご持参ください。
 また演習の際の筆記用具は、鉛筆と消しゴムをご用意願います。

◎まとめと質疑応答
 職場に帰ってからすぐに実践してほしいこと

 (1)人為ミス原因マップ  (2)自己管理法


本講座のねらい
 ●どういう時に人為ミスが発生しやすいのかのメカニズムの理解
 ●作業者に心理的な負担をかけない、作業のやり方の習得

 ●持参いただいた自社の事例を使っての人為ミス対策ノウハウの習得
 

講師紹介

人為ミス研究所 代表

一般社団法人中部産業連盟 委嘱コンサルタント


中山 賢一 氏

1972年から長野県中小企業総合指導所において、数百社の経営診断・経営指導業務に従事。1989年より社団法人中部産業連盟に転じ、以降22年間工場の業務改善、管理者・監督者育成に注力。2014年4月人為ミス研究所設立。人為ミス問題は一貫したテーマであり、国内大手企業に指導事例多数。A-KOMIKを指針とした確実な行動の習慣化で人為ミスは減らせる、が指導テーマ。


一般社団法人中部産業連盟 主任コンサルタント


冨澤 祐子 氏

1999年第51回全国能率連盟論文発表大会において通商産業大臣賞を受賞。以降、監督者の日々管理力強化に向けた訓練プログラムなど主要コンサルティング事例を著作にまとめ発表するとともに、主に企業内研修で中堅社員のスキルアップを支援。


【両講師の主な著書・論文】
「A-KOMIK・日々管理で防ぐ人為ミス」 (共著)日科技連(2010年3月)
「人為ミスを防ぐA-KOMIKの実践」 (共著)2008品質月間テキスト
「全員参加でゼロ・ディフェクトを実現するTMB活動」 (共著)
日刊工業新聞社「工場管理」(2007年1月号より6回連載) 他多数。

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:野田)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve