分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 生産・物流分野一覧 > 「本物の5S」と「見える化」による現場改革・快善の実践展開法

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.69)

「本物の5S」と「見える化」による現場改革・快善の実践展開法

「本物の5S」が組織風土と現場を変える~

スケジュール等

開催日 2018年10月2日(火) 10:00~17:00
会場

電気ビル本館 地下2階 7号会議室
福岡市中央区渡辺通2-1-82

講師

西澤技術士事務所 所長

西澤 和夫 氏

対象者

現場改善推進者、5S推進リーダー

製造・生産・品質管理部門の管理者、監督者、生産技術スタッフ

管理・間接部門のスタッフ、改善推進担当者

参加費(税込)
1名につき

九州生産性本部会員企業  27,000円

九州IE協会会員企業   27,000円
未会員企業        38,880円

詳細案内

パンフレット(PDF)


ご案内

企業を取り巻く環境が目まぐるしく変化するなか、企業の生き残りへの危機感が高まっています。一方で、非正規社員比率が増加する生産現場ではムダとクレームが多発しております。


モノづくり企業がますます激化するグローバル競争を勝ち抜いていくためには、「本物の5S」と「見える化」を導入・徹底活用して、「品質の向上」「原価の低減」「納期の確保」「在庫の削減」「安全の確保」等を実現していくことが必要不可欠になっております。


本セミナーでは「本物の5S」「見える化」を定着させ、さらに現場快善力強化につなげる実践法を、講師の指導実績に基づく事例やフォーマット、並びに講師の著書「5S導入ハンドブック」を使用しながら、わかり易く、明日から即実践できるように解説いたします。


講座内容

1.企業競争に生き残るために「本物の5S」が必要だ!
 (1)いま、「本物の5S」の必要性が高まっている
 (2)「本物の5S」の直接効果とは何か
 (3)勝ち組企業の実践している「本物の5S」とは何か

 (4)「本物の5S」の定義とは

 (5)新たな時代に生き残るためには「躾(しつけ)」が必要!
2.「本物の5S」と「見える化」の段階別導入・定着のすすめ方
 (1)「本物の5S」導入の基本プログラムと準備の進め方
 (2)「本物の5S」の効果的な導入・定着の進め方

     ~「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾(しつけ)」の個別ステップ~
 (3)「本物の5S」の導入から定着への成功事例紹介

    (1)夜店方式から直角方式へ改革し探すムダをなくす

    (2)「あ・じ・か・げ・ん」の活用で「人づくり」を徹底する

3.オフィス改革への「本物の5S」と「見える化」の導入法
 (1)ワンベストとシングルファイリングでオフィスを「見える化」する
 (2)オフィスワークを標準化し、人づくりに展開する

 (3)フリーデスクの導入で進化する職場体質をつくる

4.「本物の5S」と「見える化」による快善力強化の実践法
 (1)「本物の5S」にはモノづくり企業を改革するパワーがある!
 (2)「本物の5S」から快善活動に展開する秘策

     ~「5S点検とチェックリスト」と「5S実践計画表」の活用法~

5.「本物の5S」の停滞・マンネリ化を防ぐ有効な対策とは
 (1)「本物の5S」が停滞・マンネリ化した職場の問題点とは何か
 (2)「本物の5S」の停滞・マンネリ化を打破する具体的な対策はこれだ
     ~「5S停滞を打破する快善対策一覧表」と「5S快善チェックリスト」の活用法~

6.「見える化」で職場の問題解決力スピードアップ
 (1)「本物の5S」から「見える化」への実践展開法
 (2)「見える化」は「本物の5S」からはじめ、工程管理に展開せよ

7.「本物の5S」と「見える化」による「ムダとり」への実践展開法
 (1)「本物の5S」活用による「7つのムダ取り」で生産現場から利益を生み出せ

    (1)「取り置き」のムダとり

    (2)「レイアウト」のムダとり

    (3)「運搬」のムダとり

    (4)「手持ち」のムダとり

    (5)「品物を探す」ムダとり

    (6)「作業中断」のムダとり

    (7)「検査」のムダとり

8.「本物の5S」と「見える化」の更なる展開とは
   ~改革力強化と儲かる工場づくりを目指す~
9.質疑応答

講師紹介

西澤技術士事務所

所 長

西澤 和夫氏

1969年三井造船(株)に入社し、産業機械や建設鉱山機械の開発・設計に従事する。その後米国系大手産業機械メーカーに勤務し、新製品開発・マーケティング・生産管理・品質保証・生産技術・技術サービス等を担当し、国内海外の多数の取引企業の技術・品質指導・ISO認証取得等に携わる。その後、大手コンサルティングファームにてチーフコンサルタントとして5S・見える化・新製品開発・品質保証・生産改善・生産革新、ISO9000及びISO14001認証取得など豊富なコンサルティング指導実績を持つ。
2001年西沢技術士事務所を設立。


【資 格】
技術士(経営工学)、中小企業診断士、経営士
【著 書】
「5S導入ハンドブック」「生産現場が変わる!リーダー力強化ハンドブック」「勝ち残る生産現場のための人づくりモノづくり10方策」「儲かる生産現場強化マニュアル」「大転換期の新工場長業務マニュアル」「7ステップで実現する1個流し生産方式」「現場で役立つQC工程表と作業標準書」「図解で分かる部門の仕事:生産管理部」「攻めの生産管理部業務完全マニュアル」「攻めの設計開発部業務完全マニュアル」など

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:安永)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve