分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2017年09月07日 11月開催
2017年10月06日 12月開催
2017年10月27日 1月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 生産・物流分野一覧 > 満足できる工場レイアウト検討の基本と構想の進め方

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

★29年度新規セミナー

満足できる工場レイアウト検討の基本と構想の進め方

スケジュール等

開催日

平成29年10月6日(金) 10:00~17:00

会場 九州生産性本部 セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

日本ビジネスブレーン株式会社 代表取締役

佐々木  伸 氏

対象者

製造担当役員、工場長、製造部長

生産管理・資材管理・物流管理等の責任者、担当者

参加費(税込)
1名につき

本部賛助会員企業 27,000円

IE協会会員企業 27,000円
未会員企業    38,880円

詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

製品も変われば生産量も変わる中、長年同じ工場で効率よく生産する為には、中長期的な視点で柔軟性に配慮した工場にしておくことが重要です。


工場レイアウト検討の理由には大きく分けて、今の制約条件の中で最適な工場レイアウトにしたいというケースと、新工場を理想的なレイアウトにしたいというケースがありますが、事業計画や生産する製品、生産量等の検討の手順を考えるとレイアウトはあくまで最後に決まるものであり、満足できるレイアウト実現のためには、数多くの項目について検討を行う必要があります。


そして、事業計画、製品構成、生産・設備・ライン企画、生産計画、物流計画、受注販売計画などの検討を満足するレベルで行ったときに、本当に満足できる工場レイアウトになります。


本セミナーでは、レイアウト検討のために必要な項目を明らかにしたのち、それぞれの項目について納得のいくレベルで検討を行い、使いやすく成果の出せる最適な工場レイアウトを実現するための考え方を具体的に解説します。

講座内容

1.レイアウト検討の基本原則
2.レイアウト検討の際に考えるべき項目
3.新工場建設の進め方を参考に工場レイアウト検討の位置づけを確認する
4.レイアウト検討ステップ
 4-1:基本的な考え方
 4-2:レイアウト検討ステップと進め方
  (1)機能検討
  (2)目標の設定
  (3)制約、前提の確認
     ・事業計画確認
     ・製品、生産量分析(PQ分析)
     ・工場コンセプト
  (4)全体レイアウト検討
     ・検討前提の確認
     ・工場敷地検討
     ・工場全体動線検討
     ・工場ゾーニング
     ・工場内動線検討
     ・工場全体レイアウト
  (5)詳細レイアウト検討
     ・検討前提の確認
     ・生産形態構想
     ・LTを配慮したライン編成
     ・5S活動
     ・工程改善
     ・工程編成
       ・設備構想と工程編成
     ・相互関連と物流システム検討
     ・詳細レイアウト構想(まとめ)
     ・複数案検討・評価
  (6)投資採算性評価
5.終わりに
◎ 質疑応答

講師紹介

日本ビジネスブレーン株式会社

代表取締役

佐々木  伸 氏

日本大学理工学部機械工学科卒業。三井造船(株)プラントエンジニアリング事業本部にて、石油化学プラント、天然ガスパイプライン等の機器設計、配管設計に従事する。ジェムコ日本経営にて、部長コンサルタントとして多面にわたる領域の経営コンサルティングに従事する。日本ビジネスクリエイトにて、執行役員として設計領域、生産領域等製造業の全般領域での経営コンサルティングに従事する。アドビックコンサルティング取締役を経て、2006年日本ビジネスブレーン株式会社設立、代表取締役就任。製造業の現場改善、新生産ライン構築、設備企画、新工場建設企画、物流センター企画、製品コストダウン、事務改善、設計領域の業務改革、サプライチェーン改革、ERP導入を目指した全社業務改革、商品企画、新規事業企画など製造業の全般領域での実践型経営コンサルティングを手掛ける。


【著書】

『儲かる工場のための設備企画・構想マニアル』(新技術開発センター)
『SCP入門』共著(工業調査会)

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:野田)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve