分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2017年09月07日 11月開催
2017年10月06日 12月開催
2017年10月27日 1月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 生産・物流分野一覧 > 簡易自動化の上手な進め方

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

【九州IE協会事業】

【新】
「簡易自働化」の上手な進め方

手間とコストを抑え、現場のアイデアを駆使する簡易自働化の基本と実践を学ぶ

スケジュール等

と き 平成29年11月7日(火) 10:00~17:00
ところ

九州生産性本部 セミナー室 
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階

講 師

設計・教育研究所 代表

河合  優 氏

対象者

・簡易自働化の計画・設計を進める生産技術の管理監督者・担当者

・成果を出したい生産現場の改善スタッフ、設備の改善を考えている生産現場の方

・工場や設備部門で既に簡易自働化に取り組んでいるが、新たな視点を探している方

参加費(税込)
1名につき

九州IE協会会員企業   25,920円

九州生産性本部会員企業  30,240円
未会員企業        36,720円

詳細案内

パンフレット(PDF)


ご 案 内

◆最小の費用で現場のアイデアを駆使し、職場のサイズに合った簡易自働化は、原価低減につながり利益向上に大きく貢献します。加えて、社員のやる気と自社技術の向上へとつながり、他社にはない独自の生産技術に発展します。


◆本研修では、自動車部品メーカーで長年、生産設備の開発責任者をつとめた河合優氏に、現場の創意工夫によって“ちょうど良い自働化”を創り上げるための進め方と考え方を学びます。

講座内容

1.簡易自働化のニーズ
(1)利益はどこにあるのか
(2)原価を下げる活動が利益を大きくする
(3)簡易自働化と“からくり”
(4)“ちょうど良い自働化”とは?
2.TPSと自働化(無駄の徹底的排除)
(1)ジャストインタイム(100%良品)
(2)“イ”(ニンベン)のついた自働化
   (異常があったら止める、止まる)
3.簡易自働化計画の進め方(ちょうど良い計画)
(1)作業分析と着眼点
   段取りから良品確認までを対象範囲とする
  1 付加価値を高める作業(正味作業)
  2 付加価値のない作業
  3 ムダとは何か
  4 機械の仕事と人の仕事を分ける
   (機械にできることは機械で行う)
  5 ながら作業、手足をフル活用
    事例(クランプ)で説明
(2)基本構造(ちょうど良い仕様)
  1 合理的な生産工程
  2 観る力「標準作業組み合わせ表」

  3 改善力の要素
    ・治具構造   ・センサー選定・アクチェータの選択 
    ・からくり   ・どちらが得か考えてみよう
                     (目的を達して、安くできる)
  4 現有動力の活用(からくり)
     ・方向変換  ・倍力
     ・倍速        ・形態変換(回転→直線、直線→回転)
  5 加工方式の変更
(3)安全と止まる機能、止める機能
  1 非常停止  
  2 品質問題 
  3 定量停止(刃具交換)  
  4 フルワーク(造り過ぎ) 
  5 60W規制 人と機械の協同作業 
  6 センサーの故障検出
4. 簡易自働化事例
(1)ハンドル:箱詰め
(2)プーリー:ストック、段取り、
(3)コンソールMTG:ナット溶接姿勢

※講師著書「自動化設計のための治具・位置決め入門」を配布します。

講師紹介

設計・教育研究所

代表

 河合  優 氏

トヨタ系の自動車部品製造会社で部品製造用の内製専用機の開発の責任者を務める。基本計画、加工法の選定、専用機設計、加工技術、品質管理の各分野で広範な知識と経験に基づき、安価で生産性・信頼性が高い多くの専用機を開発し、品質とコスト競争力の向上に貢献した。
機械設計、油気圧設計、制御設計、PLCによる簡易NCに加えて品質工学と幅広い分野に経験と見識を持つ。現役時代から社内外で多くの技術員指導実績が有る。定年退職後は複数の一部上場企業や大学、高専にて人材育成に携わる。


著書(一部)
「自動化設計のための治具・位置決め入門」
「機械製図CAD作業技能検定試験突破ガイド」
「機械製図CAD作業技能検定実技試験解読例」
「きちんと学ぶ レベルアップ機械製図」
(いずれも日刊工業新聞社)

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:齋藤)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481 
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve