分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 能力開発(幹部・リーダー)一覧 > ポジティブ・メンタルヘルスに基づくラインケアセミナー

 

icon_status_ok.png


(事業活動総合案内 No.91)

※総合案内に記載の「職場ですぐに実践できる!メンタルヘルスラインケアセミナー」からセミナー名を変更しました。

 ★2018年度新規セミナー

ポジティブ・メンタルヘルスに基づくラインケアセミナー

スケジュール等

開催日 2018年7月31日(火)  10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

株式会社ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサー
山田 容子 氏

対象者 ・管理・監督者、職場リーダー
・人事・労務・安全衛生部門の管理者・担当者
・労組幹部の方
・メンタルヘルスラインケアについて学びたい方
参加費(税込)
1名につき

賛助会員企業       27,000円
未会員企業        38,880円

当本部・九労生会員労組  24,840円

未会員労組        32,400円

詳細案内

パンフレット(PDF)


ご案内

産業構造や社会環境が変化する中で、仕事に対する強い不安やストレスを感じ、「メンタルヘルス不調」に陥る人々の増加が、大きな社会問題となっています。メンタルヘルス不調の従業員への処遇、休業者の職場復帰への支援、職場環境改善など、さまざまな対応が求められる中、企業における対応の要であるラインケアがこれまで以上に重要となります。
従来はメンタルヘルス不調者があるという前提でのケアが中心でしたが、現在注目されているのは、メンタルヘルス不調者を出さないための「ポジティブ・メンタルヘルス」という考え方です。
本セミナーでは、「ポジティブ・メンタルヘルス」の考え方に基づき、メンタルヘルス不調やラインケアの基礎から、部下の不調の早期発見・対処法、復職者への配慮と支援の仕方までを実践的に習得します。
イキイキとした健康な職場をつくるために何ができるかを積極的に議論し、職場を活性化させましょう。

講座内容

1.メンタルヘルス不調とは
 ・職場におけるメンタルヘルス不調の現状
 ・メンタルヘルス不調3つの要因
 ・見逃してはいけない不調の特徴とサイン
 ・新型うつの特徴と、従来型うつとの違い 
  ~今の若者の傾向を知る~
2.不調の発覚から休職までの対応
 ・メンタルヘルス 3つのケアと3つの予防
 ・メンタルヘルス不調の従業員に対する対応の流れ 【ケーススタディ】
 ・うつ状態の部下に対して留意することとは? 【個人ワーク】 
 ・休職までのラインの役割と留意点
3.職場復帰までの対応と支援
 ・職場復帰までの流れの理解
 ・職場復帰で起こり得る問題とは
 ・スムーズな職場復帰をするために【グループワーク】
  ~職場体制づくりの大切さ~   
4.メンタルヘルス不調者を出さないことが大前提
 ・経営戦略として一次予防を徹底する
 ・ポジティブ・メンタルヘルスに着目した組織づくり
   ~従業員のポジティブ思考は組織をポジティブにする~ 
 ・一次予防に欠かせないセルフケアを実践しよう 【個人ワーク】
5.ワーク・エンゲイジメントを高める職場づくり 
 ・ワーク・エンゲイジメントとは
 ・ワーク・エンゲイジメントを生むための3つのルール
 ・チーム力を高め組織活性化を実現するリーダーの役割 【個人ワーク】
6.コミュニケーションの再確認
 ・部下にこのような対応をしていませんか?【個人ワーク】
 ・大切なのは、部下に勇気をつけること、承認をすること 【個人ワーク】
 ・健康職場のキーワードは「自己尊重感」                 
7.今、職場でできること 
 ・一人ひとりが「自分を活かす」責任者
 ・職場で今、何ができるかを考える 【ブレインストーミング】
8.まとめ
 ・リーダーとして今から何をすべきか?

講師紹介

株式会社ビジネスプラスサポート

人財育成プロデューサー

山田 容子 氏


大学卒業後、大型重機メーカーの営業、ソーシャルワーカー、学習塾経営を経て人材育成会社に勤務。人材育成トレーナーとして、ビジネスマナーをはじめ、コーチング、心理学、メンタルヘルスなどの分野で活躍の場を広げ、(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。


「組織の力を最大化するためには個人の個性と能力を最大化することが不可欠」という考えの下、すべての受講者の力を信じ、現在の位置を見極め、承認&挑戦で研修を展開、受講者の自信と行動を引き出している。同志社大学大学院総合政策科学研究科にて「組織と個人の自尊感情」をテーマに研究を行い、変化し続ける社会に対応した研修開発に力を注いでいる。また、介護業界から小学生の学習指導まであらゆる年齢と接してきた経験から、コミュニケーション講座、傾聴トレーニングも得意としている。


*資 格* (社)産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

申込要領

nagare1.png


      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:松尾)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve