分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2022年11月15日 1月開催
2023年01月23日 2月開催
2023年01月23日 3月開催

キーワードで選ぶ

セミナーに関するお問い合わせ

 財務・経理分野一覧 > 【新】デジタル時代の経理部門における業務改革・電子化対応

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

(事業活動総合案内 No.50)

★2022年度新規セミナー

デジタル時代の経理部門における業務改革・電子化対応

~電子化対応時のデータの保管方法、ITツールの活⽤法、移行の仕方について、具体的にわかりやすく解説!~

スケジュール等 【通学+WEB】

開催日

2023年1月24日(火) 10:00~17:00

※本セミナーは(A)セミナー室での受講(B)オンライン受講どちらかを選択できま

会場

(A)九州生産性本部セミナー室

   福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階

(B)ZOOMによるオンライン同時配信

  ※運営上、PC(マイク・カメラ使用)での参加をお願いします。
  ※受講用URLはお申込み後にご案内します。

講師

一般社団法人経理革新プロジェクト 代表理事

株式会社経理がよくなる

税理士 児玉 尚彦 氏

対象者

経理部門の管理者、担当者

情報システム部門の担当者

参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,500円
未会員企業  39,600円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

電⼦帳簿保存法が改正され、2024年から電子取引のデータ保存が義務化されます。また、2023年10⽉
のインボイス制度の導入に合わせて、電子インボイスの普及が⾒込まれており、企業においてもデジタ
ル化の対応を迫られています。しかし、紙中⼼のアナログ処理から脱却できずに、デジタル化の対応が
遅れている経理部⾨は少なくありません。
本セミナーでは、デジタル化できない原因や課題を整理して、経理部内の伝票や帳簿、社内の申請書
類、社外取引の請求書や領収書について、電子化の進め方を解説します。また、電子化対応時のデータ
の保管方法、ITツールの活用法、移行の仕方について、具体的にわかりやすく解説します。中小企業で
も導入できる経理DXの進め方を多くの実例をもとに解説します。

講座内容

1.失敗しない経理DXの進め方
 1)3段階で進める経理部⾨のデジタル化
 2)電子帳簿保存法改正でやるべき項目を整理
 3)会社規模別のデジタル対応の違い
 4)経理のデジタル化が進まない本当の理由
2.デジタル化のメリットと課題
 1)経理業務をデジタル化する3大メリット
 2)経理のインプットとアウトプットのペーパーレス化
 3)デジタル環境整備でテレワークの生産性向上
 4)デジタル化移行期の問題点と課題
3.経理部内から始めるデジタル化
 1)会計伝票と各種帳簿の電子化
 2)小口金庫と現金出納帳の廃止
 3)インターネットバンキングからの会計仕訳連動
 4)2026年の紙の手形廃止に向けた事前準備
  【事例紹介】キャッシュレス・伝票レスの改善効果
4.社内業務のデジタル化
 1)立替経費の申請はスマホからAI-OCRで処理
 2)仕入・経費の申請,承認,計上,送金をデータ連動
 3)売上の計上と売掛金の消し込みを画⾯で処理
 4)財務状態をリアルタイムに社内で共有
  【事例紹介】社内システム間の電子データの連係
5.社外取引のデジタル化
 1)対応必須!電子取引のデータ保存の義務化
 2)電子請求書/領収書のデータ保管上の留意点
 3)JIIMA認証とタイムスタンプによる履歴管理
 4)紙の書類のスキャナ保存と廃棄ルール
  【事例紹介】書類管理システムと事務処理規程
6.2023年末までにデジタル経理へ移行
 1)インボイス制度で変わる経理処理と会計システム
 2)電子インボイスの標準規格Peppolと全銀EDI
 3)システム選定のポイントとIT導入補助金の活⽤
 4)デジタル経理への移行スケジュールチャート
  【事例紹介】クラウドサービスと経理アウトソーシング
7.デジタル化後の経理の仕事
 1)経理の仕事は事務から業績管理/財務管理へ
 2)会計仕訳と書類データの相互リンクによる監査
 3)アナログとデジタルのハイブリッド経理
 4)経理人材のリスキリングとリカレント教育

  【Q&A】電帳法/インボイス制度のよくある質問

講師紹介

一般社団法人経理革新プロジェクト 代表理事
株式会社経理がよくなる

税理士

児玉 尚彦 氏


企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善、経理人材の育成などを中心に活動。講師を務める「経理財務セミナー」には10,000社以上が受講、多数の経理社員のスキルアップを支援している。経理関連業務を中心としたデジタル化・IT化等のコンサルティングによる生産性向上の実績が豊富。また、管理会計やキャッシュフローの改善に重点を置いたサポートや企業研修なども実施している。
【著書】

『経理DXのトリセツ』(日本能率協会マネジメントセンター)2022年12月発売予定、『月次決算は5日間で出せる!スターターキット』(日本経営合理化協会)、『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』(ちくま新書)、『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』(日本実業出版社)、『3年で「経理のプロ」になる実践PDCA』(日本事業出版社)、『会社のお金はどこへ消えた?』(ダイヤモンド社)、『ココまでできる経理の合理化』(日本能率協会マネジメントセンター)他


申込にあたり確認事項 

■ZOOMについて


本セミナーでは、ZOOMというオンライン配信ツールを利用し開催します。ZOOMを初めて利用される方は簡単なセットアップが必要となります。お送りした受講用URLをクリックいただくと、自動でプラグイン(サインイン)の画面が開きますので、お手数ですが事前講座までにセットアップをお願いします。(通常1分程度で完了します)


※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご受講ください。

※リアルタイム配信のみとなっており、録画受講はできませんのでご了承ください。

※視聴にかかる通信料はご負担ください。


■参加枠のご予約について


参加者が確定していない場合は、確実に参加いただけるよう参加枠の予約を受け付けております。

参加枠予約の有効期間は、開催4週間前までとなっておりますので、それまでに正式申込手続きをお願いします。


■参加者変更を希望される場合


お申し込み後に参加者を変更される場合は、お電話にてご連絡ください。

当方にて申込データを修正いたしますので、再度お申込確定メールに記載の参加証URLを開いていただければ修正された参加証を入手いただけます。


■キャンセルを希望される場合


開催日10日前までは、お申込み確定メールに記載のURLよりWEB上でキャンセル処理が可能です。

開催日10日以内のキャンセルにつきましては、お電話でのみ受け付けます。


なお、お客様のご都合により研修・セミナーお申し込み後にキャンセルされる場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。ご返金が発生した際には、払込手数料を差し引いてご返金いたします。
〈キャンセル料〉
(1)開催日2日前まで … なし
(2)開催日前日(営業時間内) … 受講料の50%
(3)開催日前日17:30以降~当日 … 受講料の100%

 ※前日が土日祝日にあたる場合は、その前営業日が前日となります。

 ※営業時間(9:00~17:30)以降のご連絡は、翌営業日とみなします。


■中止・延期について


講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、止むを得ずセミナーを中止・延期する場合がございます。その際は、ホームページにてご案内するとともに、セミナー申込連絡担当者の方へ電話もしくはメールにてご連絡いたします。なお、中止の場合、受講料は返金いたしますが、それ以外の補償は行いません。


■受講料のお支払いについて


原則として、開催前日までにお振込みにてお支払いください。


申込要領

nagare1.png


      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:金子)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve