分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2022年08月31日 11月開催
2022年10月05日 12月開催
2022年11月15日 1月開催

キーワードで選ぶ

セミナーに関するお問い合わせ

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

全国IEバナーjpg.jpg

  

* * * * *

* * * * *

         

【お知らせ】 本日より1週間、参加者限定でアーカイブ動画配信(見逃し配信)をいたします。

       詳細は、全参加者・関係者へ8:00より一括配信いたしました案内メールにてご確認ください。

       【配信期間: 7月15日(金)9:00 ~ 22日(金)17:00】

    

   

【お知らせ】 ★視聴用(資料ダウンロード用)URLの案内メールを全参加者へ配信しました

        ・6月30日11:15~13:30までに配信完了しております

        ・有料参加者(会場・オンライン全参加者)、大会役員、表彰者

         発表者・コーディネーターの方へお送りしています。

        ・事前にテストアクセスをお願いします。

        ・案内メールが届いていない方は早めに事務局へご連絡ください。

        ・名刺1枚は会場参加の方の胸の名札に使用します。お持ちでない方はその場でご記入下さい。

   

【お知らせ】 ★3日目の現場研修会は全コース満席となりました

                     ・参加証・現場研修会は会場参加者の方の分のみ連絡担当者の方へ郵送しております。

      ・請求書は「申込確定メール」にURLを記載しておりますので出力のうえ手続きください。

      ・「申込確定メール」の各参加者の申込内容に現場研修会の確定コースを記載しております。

      ・現場研修会の大まかなスケジュールは下記3日目のスケジュールに記載しております。

 


ご 案 内


新型コロナウィルスの世界的な感染拡大は、我々製造業にサプライチェーンの分断・対面でのコミュニケーションの減少など、多大な影響をもたらしました。その中で、DXの動きも加速し、IoT、AI、ロボット、5Gなどのデジタル技術の進展によるモノづくりの進化が続いています。一方で、カーボンニュートラルをはじめSDGsの世界的広がりやウクライナ情勢に伴う原材料価格の高騰、自然災害の増加等、急激な変化に対応した新たなモノづくりが求められています。
このような環境の下、我々製造業がグローバル競争で勝ち抜くためには、現在の急激な変化や逆境を新たなチャンスと捉え、地道な改善活動で築き上げてきた改善力、現場力に磨きをかけながら、DXや技術革新との融合によるモノづくりイノベーションを実現していかなければなりません。
そこで、第63回全国IE年次大会では、「革新と価値創造」~未来を拓け、日本の新たなモノづくり~ を大会テーマに開催し、全国のモノづくりに携わる関係者が、講演・事例発表・現場研修により未来に向けたモノづくり革新のあり方や進むべき方向を探る場といたします。多数のご参加をお待ちいたしております。

    


歯車2.png 開催概要

開催日

2022年7月 6日(水) 全体会議

        7日(木) 事例発表会(分科会)

        8日(金) 現場研修会(7コース)

開催方式

 会場参加 

福岡国際会議場 (福岡県福岡市博多区石城町2-1)

★会場の「感染防止安全計画」はこちら


 オンライン参加 

Zoomウェビナー ライブ配信  

参加費(税込)

1名につき

【1日目+2日目参加】 (全体会議・事例発表会)
IE協会・生産性本部会員    35,200円 
未会員企業           44,000円

学識者             14,300円 


【3日間(上記+現場研修会)参加】
IE協会・生産性本部会員    46,970円
未会員企業           55,770円

学識者             26,070円 

主催

日本IE協会・中部IE協会・関西IE協会

九州IE協会(担当事務局)

共催

公財)日本生産性本部 北海道生産性本部 東北生産性本部 一財)中部生産性本部

公財)関西生産性本部 中国生産性本部  四国生産性本部 公財)九州生産性本部

ご連絡

3日目現場研修会 全コース満席となりました


歯車2.png スケジュール

1日目 全体会議 (7月6日(水)) 

13:00~
13:05

 開会挨拶 

       全国IE年次大会 大会会長
       九州IE協会 会長 
       (株)安川電機 取締役常務執行役員    南   善 勝

13:10~
13:30

日本IE文献賞 表彰式 

13:40~
14:50

 基調講演 

TOTO喜多村氏.png

「どうしても親切が第一」
       TOTO(株) 

        代表取締役会長兼取締役会議長      喜多村   円 氏

15:10~
16:10

 特別講演 1 

最首氏.png

「AIと量子コンピュータが拓くモノづくり」

 ~高精度な予測による最適化の実現~
       (株)グルーヴノーツ 

        代表取締役社長           最 首 英 裕 氏

16:30~
17:30

 特別講演 2 

inoue trim.png

「私の柔道哲学」

    

       東海大学 体育学部武道学科 教授
       (柔道男子日本代表 前監督)     井 上 康 生 氏


17:35~
17:40

 次回開催地会長挨拶 

       日本IE協会 会長
       (株)日立製作所 執行役会長      東 原 敏 昭




2日目 事例発表会 (7月7日(木)) 

  ※各事例60分(講演50分・質疑応答10分)

 第1分科会 「製造業の未来とモノづくり改革」

10:00~

11:00

 1  TOTO (株)  

「TOTO大型陶板の技術革新と価値創造」
 ~人にも環境にも優しいハイドロテクト陶板のモノづくり~

  TOTO(株)
  環境建材事業部 環境建材開発部部長  鳥山 信治 氏


(1)大型陶板工場TOTOマテリアの強みを活かしたモノづくり
(2)環境貢献技術“ハイドロテクト”による価値創造
(3)AI予測技術による大型陶板の色調管理システム

11:20~

12:20

 2  富 士 電 機 (株)  

「自販機生産の見える化によるリードタイム短縮」

 ~現場改善の迅速化~ 
  富士電機(株) 
  食品流通事業本部 三重工場 生産技術部部長  飯田  大 氏


(1)KPIの変動に対する分析・打ち手の迅速化
(2)ものつくりにおける間接業務の合理化
(3)チョコ停原因分析の迅速化

12:20~

13:20

昼 食 休 憩 (※昼食はお弁当を準備します)

13:20~

14:20

 3  (株) 安 川 電 機  

「量変動対応期間最小化への取組み」
 ~デジタル生産準備を活用した量変動生産への対応~

  (株)安川電機
  ロボット工場 生産技術部製造管理課  村上 信哉 氏


(1)デジタル生産準備を使った工程設計、生産準備期間の短縮
(2)装置/自動化設備の標準化による量変動対策準備期間の短縮
(3)データを活用した状況の見える化と更なる改善への取り組み

14:40~
15:40

 4  (株) ダ イ セ ル  

「ダイセル式生産革新がAIで進化」

 ~攻めの生産を実現する自律型生産システム~

  (株)ダイセル 
  モノづくり革新センター長兼社長室長  三好 史浩 氏


(1)言語統一、データの一元化
(2)帰納法と演繹法の融合によるロジック
(3)システムデザイン

16:00~

17:00

 5  ト ヨ タ 自 動 車 九 州 (株)  

「トヨタ自動車九州DXへの挑戦」
 ~デジタル・AIの活用によるモノづくりの革新~

  トヨタ自 動車九州(株)
  DX企画グループGM  渡辺  博 氏


(1)トヨタ九州のDX戦略
(2)デジタル・AI活用によるモノづくりの革新事例
(3)DX人財育成~将来に向けたデジタル基盤地域創り


第2分科会「愚直に築く現場づくり、人づくり」

10:00~

11:00

 1  (株) 日 立 製 作 所  

「世界の先進工場「Lighthouse」に選出された

 日立製作所 大みか事業所の取り組みと今後の展開」  

 ~高度3DCAD利用技術によるデジタルトランスフォーメーションの推進~  
  (株)日立製作所 

  制御プラットフォーム統括本部 産業IoT&ロボティクス設計部主任技師  沖田 憲士 氏


(1)IoTを活用した生産改革の取り組み
(2)3DCAD高度利用による設計力強化
(3)デジタルデータ活用による生産性向上

11:20~

12:20

 2  (株) 九 州 タ ブ チ  

「全員参画の企業体質改善活動による最高で最強な鋳物工場への風土改革」

 ~女性や子供たちがここで働きたいと思える魅力的な職場へ~ 
  (株)九州タブチ 
  鋳造部グループ鋳造課責任者  阿部 淳希 氏


(1)TPM活動を基軸に、33年経過した設備の復元と職場環境改善
(2)感謝と承認の飛び交う風土作りを目指したモチベーション向上活動
(3)鋳物工場におけるSDGsへの取組み(人と未来にやさしい工場)

12:20~

13:20

昼 食 休 憩  (※昼食はお弁当を準備します)

13:20~

14:20

 3  (株) 小 宮 商 店  

「小宮商店が実現した女性活躍推進と技術継承・職人育成方法の改革」

 ~経営危機・職人後継者ゼロからの取組~
  (株)小宮商店 
  管理統括本部部長  伊藤 裕子 氏


(1)男性中心の職場から女性活躍推進をはじめた背景と具体的な取組内容
(2)女性活躍からライフ・ワーク・バランスへ ~様々な成果と会社の変化~
(3)伝統的なものづくりへのこだわりと技術継承・育成方法の改革

14:40~
15:40

 4  豊 田 鉃 工 (株)  

「リフトレスを切り口とした在庫低減と人・設備生産性向上」

 ~安全・安心な職場づくりで原価低減~
  豊田鉃工(株) 
  生産調査部主査  倉地 竜造 氏


(1)在庫低減を進め、平面化を行いリフトレスによる安全な職場づくり
(2)人生産性向上を進め、量変動に追従できる体質にする

16:00~

17:00

 5  パ ナ ソ ニ ッ ク (株)  

「現場の五感・感性を高め、IoTを基軸としたモノづくり革新へのチャレンジ」 
 ~IoT化が進んでも技能は大事~
  パナソニック(株)エレクトリックワークス社

  スマートエネルギーシステム事業部 草津工場工場長  高田 泰治 氏


(1)IoTを活用する目的 ※IoTは、魔法の杖ではない
(2)人ものづくりの最適化に向けた、IoT活用・モノづくり革新事例
(3)モノづくりプロ集団育成と工場の価値




3日目 現場研修会 <全7コース> (7月8日(金))  

  ※全コース満席となりました。

  ※コロナ感染状況等により中止になる場合がございます。ご了承ください。  

  ※ご参加の方には、参加証とともに集合場所やスケジュールを記載した詳細案内をお送りいたします。

基 本

スケジュール

 9:30~10:30  会社(工場)概要、テーマのプレゼン

 10:30~11:30  工場見学

 11:30~12:00  意見交換会、質疑応答

A

(株)安川電機  満席 

ー量変動に左右されない生産体制への変革ー


生産量の変動に対し、従来であれば生産量見合いとするための工程の再設計、生産設備の準備、人員の再配置等の生産準備を繰り返してきました。             
今回、自動化を中心とした生産ラインとすることで、生産量の変動に対しロバスト性を高めた生産体制へと変革したロボット工場をご紹介します。

 20220326_090126.jpg

B

日産自動車九州(株)   満席 

ーNissan Intelligent Factoryによる変動強度への対応ー


同社は日産国内最大の量産工場であり、セレナやエクストレイルを始め、国内、北米・欧州・他全64カ国に完成車を出荷しています。
変動強度へ対応すべく、日産全社で進めているNissan Intelligent Factoryを同社でも進め、人の目では見分けが難しい品質確認等を自動化し、作業者の負荷を低減しています。また、国内で1番キレイな自動車工場を目指し、従業員の愛社精神を育成する活動も含め紹介します。

 日産九州 写真.png

C

TOTO(株)  満席 

ー製造基盤強化による生産革新活動ー


同社は1917年に東洋陶器として設立、日本で初めて陶器製腰掛け水洗便器の生産を開始し、創業105周 年を迎えます。小倉第一工場は、マザー工場として『技術伝承による人財育成』や『多品種に対応できる生産体制の確立』など、製造基盤を強化しながら各拠点へ展開できる製造技術や人財を蓄積しています。 100周年を記念した「TOTOミュージアム」では、快適な生活文化を創造してきた足跡や、今へ受け継がれるものづくりの想いなどを紹介します。

 無題.png

D

(株)ブリヂストン 甘木工場  満席 

ーグローバルなモビリティソリューションを通して社会に貢献ー


甘木工場は1973年に操業を開始した、トラック・バス用タイヤの専門工場です。同工場は取り扱いゴム量として世界最大規模を誇り、製造されたタイヤは海外にも輸出しています。プロ集団として一人ひとりが標準化型改善・目標型改善をベースにした「スルラク生産活動」を推進し、断トツのSEQCDに向けて小集団活動やオートメーション化などを実践しています。

 甘木空撮修正屋根色2012.8撮影.jpg

E

大 電 (株) 久留米事業所  満席 

ーロボットケーブル国内シェアナンバー1ー


1983年にロボットケーブルの開発に着手して以来、過酷な信頼性試験を繰り返し行い、当社独自の高寿命ケーブルの開発を実現しました。長年培ってきたノウハウと技術力をベースとする徹底した品質管理で、当社のロボットケーブルは大手ロボットメーカー様をはじめ各方面から高い評価をいただいております。競争の激しい業界にありながら、当社のロボットケーブルは20年以上国内シェアナンバー1を維持しております。

 大電 トリミング済.png

F

アイシン九州 (株)  満席 

ーBMC改善活動 世界No1を目指すビルド商品づくり!!ー


1993年に熊本にて操業を開始しました。以来、九州地区の自動車部品メーカーのリーディングカンパニーとして、「品質至上」を基本理念に、「お客様より頼りにされるメーカー実現」に向けた挑戦、愛知県に負けないメイド・イン・九州のものづくりを目指し、BMC改善活動世界No1を目指すビルド商品づくり‼CASEをテーマにネットワークを介して改善を繋げ、技術スタッフから現場技能員全てが共有し改善を進めています。

 アイシン九州.jpg

G

ユニ・チャームプロダクツ(株) 九州工場   満席 

ースマートファクトリを通して地域との共生社会の実現をめざすー


国内4拠点目となる九州工場は、スマートファクトリーのコンセプトのもと2019年春に操業を開始しました。
これまで培ったモノづくりの知恵と新たな技術を融合させ、既存の自社工場にはない様々な自動設備の搭載や、IoTを活用した工場となります。

190124_北西(事務棟).JPG


    

歯車2.png 申込要領

(1)本大会のお申込みはWEBからお願いします 

    WEB申込ページ   

 ※一度に申込いただける人数は30名です。

  30名を超える場合は、お手数ですが数回に分けてお申込みください。

  

 ※セキュリティ上WEBページが開かない方はFAXにてお申込みください。

    FAX申込書   


 【申込締切日】 2022年6月 30 日(木)17:00

  7月1日以降のキャンセルは、参加費を返金いたしかねますので、代理の方でご対応

  願います。当日欠席の場合も同様の扱いとさせていただきます。

    

(2)下記「お申込みにあたり注意事項」を必ずご一読のうえお申込みください。

・申込内容確認後、連絡担当者のアドレスへ、請求書のURLを記載した

 「申込確定メール」をお送りいたします。

・参加証(現場研修会を希望された方はコース案内)につきましては、

 連絡担当者の方へ人数分まとめて郵送にてお届けいたします。

現場研修会にお申込みの場合は、研修先と確認・調整後となるため、

 お申込み確定・発送まで少し日数をいただきます。ご了承ください。
・参加費はメール記載のURLより請求書を発行いただき、7月5日(火)までにお振込み下さい。

 なお、振込手数料につきましては、お客様にてご負担願います。

・テキスト等当日資料につきましては、準備が整い次第、ホームページに公開するとともに

 メールにてご案内いたします。必要な方は当日までにダウンロードいただき各自で準備を

 お願いいたします。


   

歯車2.png お申込みにあたり注意事項

【1日目:全体会議/2日目:事例発表会】

・新型コロナウイルス感染拡大の状況により、講師が来場しないリモート講演となる場合や、

 来場参加を中止し、完全オンラインにて実施させていただく場合がございます。

・会場参加は定員制となります。お申し込み段階で定員に達していた場合は、事務局よりご

 連絡させていただきます。

・参加形態(来場参加またはオンライン参加)に変更がある場合は、必ず事務局までご連絡

 ください。

・講演、事例発表会、現場研修会当日の録音・写真撮影・スクリーンショットは、固くお断

 りいたします。

・当日はクールビズにて運営いたします。

  

《会場参加の方へ》

・2日目の事例発表会は、ご希望の会場(第1、第2会場)のいづれか一つを

 必ずご選択ください。


・会場へお越しの際は、移動時からマスク着用をお願いします。

 また、会場入口にて検温とアルコール消毒にご協力ください。

 

・資料の当日配付はありません。テキスト等資料につきましては、準備が整い次第

 メールにてご案内いたします。必要な方は出力のうえ当日ご参加ください。

 

《オンライン参加の方へ》

・2日目の事例発表会は、どの講演も自由にご聴講いただけます。


Zoomウェビナーでの配信(Live配信)となります。
 パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれでも視聴できます。

 (視聴者のお顔は表示されません)

 
・当日の視聴に必要なURL、ログイン方法(ID/PW)、資料のダウンロード等につきましては、

 開催1週間前を目途に、ご登録のメールアドレスにお送りします。

ご予定の視聴環境にて、下記「テスト動画視聴ページ」を利用いただけるか

 事前にテスト接続の上、お申込みください。
 -----------------------------------------------

 ▶テスト動画視聴ページ

  https://deliveru.jp/pretests/video

  ・ユーザー名 livetest55
  ・パスワード livetest55

 ▶推奨環境

  https://deliveru.jp/faq/#Q7

 -----------------------------------------------

 ※Internet Explorerからのアクセスは、正常に動作しない場合がありますので、
  Microsoft EdgeやGoogle Chrome、Firefoxなどの利用をお勧めします。
1端末1名様での視聴をお願いします。お申込みご本人以外の視聴はお断りします。



【3日目:現場研修会】 

・参加者おひとりづつ、第1希望、第2希望の「コース番号(A~G)」を選択して下さい。

・参加希望されない、第2希望がない場合は、「不参加」を選択して下さい。


同一コースに参加いただける人数は1社3名までとさせていただきます。
・先着順で受け付けます。各コースとも定員になり次第締め切らせていただきます。

・同業種からのご参加につきましては、お断りすることもあります。あらかじめご了承ください。

・見学先へのマイカーでの来場はご遠慮ください。
・工場内での写真・動画撮影は禁止となっております。
3日目(工場見学研修会)だけのご参加はできませんので、ご了承下さい。

・受入企業の確認後にコース確定となります。そのため、申込確定まで少しお時間をいただきます。

 


【その他】

・会場参加の方は、後日郵送にてお送りする参加証、現場研修会の案内が届きましたら、

 申込内容に間違いがないかご確認をお願いします。 
・会場参加・オンライン参加いずれのお申込みでも、本大会終了後一週間限定で、

 アーカイブ配信にてご覧いただけます。(許可をいただいた講師に限る)

 アーカイブ視聴用URLは、大会終了後にご案内いたします。

・6月28日(火)以降のキャンセルは、参加費を返金いたしかねますので、

 代理の方でご対応願います。当日欠席の場合も同様の扱いとさせていただきます。

    

歯車2.png アクセス

■福岡国際会議場

 交通アクセス https://www.marinemesse.or.jp/congress/access/


アクセス地図.png



アクセスバス.png

  ※交通渋滞等により変動がありますので、所要時間は目安としてご利用ください。
  ※バスの系統番号は変更されることがございます。


 【タクシーご利用の方】

  所要時間  福岡空港から  約15分

        JR博多駅から 約10分

        天神から    約 6分

    

歯車2.png お問い合せ先

 九州IE協会(担当:安松・三小田)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
 公益財団法人 九州生産性本部内
TEL 092-771-6481 
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve