分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年01月29日 4月開催
2018年03月02日 5月開催
2018年03月29日 6月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 人事・労務 分野一覧 > 人事担当者の基本知識

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.13)

人事担当者の基本知識

働き方改革の時代、多様な人事業務のポイント人事諸制度の連関を俯瞰的に解説

スケジュール等

開催日

2018年7月4日(水) 10:00~17:00

会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

株式会社オフィスあん 代表取締役
社会保険労務士、人事コンサルタント
松下 直子 氏

対象者

新任人事担当者、人事部門で経験の浅い方

人事部門の仕事の全体像を俯瞰的に理解したい方

参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,000円
未会員企業  38,880円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

人事部門の担当者が携わる仕事は、要員管理・人事評価・異動配置・労務管理・採用育成等々…非常に多岐にわたります。多様な働き方への対応や生産性向上が求められる今日、組織と人材を活性化させる人事部門の責任と役割は、大きくなる一方です。
加えて、人財獲得競争が激しさを増しており、これまで以上に「働き甲斐のある職場づくり」、「人が育ち辞めない組織づくり」が求められています。
よって、人事担当者は、複雑な各業務の関連性を理解しながら、『社員がお客様』との意識を持って、俯瞰的な視点で仕事を進めることが重要です。


そこで本セミナーでは、新任人事担当者や経験の浅い人事担当者を対象に
1.人事部門の基本的なしくみと担当者に求められる本質的役割
2.日常業務の理解に不可欠な等級・評価・報酬の諸制度等の基本知識
3.多岐にわたる人事業務の関連性・全体像とそのポイント
について、人事の専門家としてご活躍の松下講師が分かりやすく解説いたします。

講座内容

1.人事部門の役割と人のマネジメント~人事の仕事を俯瞰する~
 1)人事部門の役割と機能
 2)人事担当者に求められる資質
 3)「社員がお客様」、仕事の対象が「人」ということを理解する
2.要員計画と採用の基本知識
 1)適正な要員計画策定・実施アプローチ
 2)人材ポートフォリオ
 3)採用の考え方とポイント
3.配置・異動、昇進・昇格の基本知識
 1)縦の移動と横の異動の連鎖をつくる意味
 2)昇進・昇格の基本的な考え方
 3)配置・異動の基本的な考え方
 4)キャリア・デザインの考え方
 5)今日求められるダイバーシティ(多様性)の考え方
4.人事評価の基本知識
 1)人事評価制度の目的と仕組み
 2)効果的な人事評価の考え方
 3)目標設定、フィードバック等の運用の考え方
5.人材育成の基本知識
 1)人材育成、組織開発のポイント
 2)教育体系の作り方と育成の方法論
 3)強い組織のつくり方
6.報酬制度と人件費管理の基本知識
 1)賃金制度における議論の多様性
 2)総額人件費の管理と個別の管理
 3)賃金と職責、成果のバランス
7.労務管理の基本知識
 1)就業規則の役割
 2)労働法の運用と労働基準監督署の指導
 3)労務トラブル事例とメンタルヘルス
8.組織の活性化と個人の成長を促進する人事担当者の責務
 1)人事担当者としての自信と誇りと責任
 2)人事のプロフェッショナルとは

講師紹介

株式会社オフィスあん 代表取締役

社会保険労務士、人事コンサルタント

松下 直子 氏

神戸大学卒業後、江崎グリコ(株)に入社。
新規開拓の営業職、報道担当の広報職、人事労務職を歴任。人事部門では、採用、育成、人事制度設計と運用、労務管理と幅広く人事業務に携わる。
現在は、社会保険労務士、人事コンサルタントとして顧問先の指導にあたる。一方、民間企業や自治体からの研修依頼は、年間200本を超える。
「人事屋」であることを生涯のライフワークと決意し、経営者や人事担当者の支援に意欲的に向き合うかたわら、人事部門の交流の場「庵(いおり)」の定期開催や、新人社会保険労務士の独立を支援するシェアオフィス「AZ合同事務所」の経営など、幅広く人材育成に携わっている。


【主要著書等】

「採用・面接で『採ってはいけない人』の見きわめ方」(同文舘出版)
「[実践] 社員教育推進マニュアル(PHP研究所)
「人事・総務マネジメント法律必携」(PHP研究所)
「部下育成にもっと自信がつく本」(同文舘出版)
「部下の実力を高める実践OJT」※DVD(PHP研究所)
「困った部下のタイプ別育成術」(労務行政)
「OJTで面白いほど自分で考えて動く部下が育つ本」(あさ出版)ほか

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:安松)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve