分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 総務・法務分野一覧 > トラブルを未然に防ぐ契約書の作り方、読み方

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.36)

トラブルを未然に防ぐ契約書の作り方、読み方

取引に携わる実務担当者に必須の法律知識から、
契約に関わる民法(債権法)改正の動向までをわかりやすく解説!

スケジュール等

開催日 2018年9月27日(木) 10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

不二法律事務所 パートナー弁護士

甲斐田 靖 氏

対象者 資材・購買・外注・営業・総務などの部門の管理者、担当者の方
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 25,920円
未会員企業  36,720円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

                  「契約書」はトラブルを起こす原因にも、会社の利益を守る命綱にもなります
契約はあらゆるビジネスの基本となるものです。そのビジネスを成功に導けるかどうかは、契約書の作成者が双方の権利・義務の関係を明確にし、いかに不備なく万全にすすめるかにかかっています。
契約書とは、単に作成すれば良いというものではなく、契約書に使用される用語や条項の意味を正確に理解し、これらを使いこなしてこそ意味があります。
 担当者の知識不足により、あいまいな条件で契約を締結してしまった結果、かえってトラブルに巻き込まれることにもなりかねません。


本セミナーでは、
(1)契約について最低限押さえておくべき基本的な法律知識や作成方法
(2)各条項の意味する内容や注意点、よりリスク管理に役立つ条項にするための工夫等について、
実際に取引契約書のひな形も用いながら、契約書作成に精通した弁護士が講師となり実務に即してわかりやすく解説いたします。

講座内容

1.知らなかったでは済まされない契約の基礎知識
  (1)契約とは
  (2)なぜ契約書を作るのか        
  (3)契約の当事者になれるのは
  (4)契約内容と法律の規定が異なっていたら
  (5)効力を持たない契約もあるのか
  (6)相手が契約を守らなかったときは
  (7)相手が違約をした際に、契約を解除する方法は
2.契約書の基礎知識と作成にあたっての留意事項
  (1)契約締結交渉 ~原案はどちらが作成すべきか~
  (2)契約書作成のフレームワーク
  (3)署名・記名と印鑑
  (4)契約の基本的事項
  (5)有利な契約書を作成するための特約事項
3.トラブルを未然に防ぐ各種契約書のつくり方・読み方
  ~一般的な各種契約書のひな型を用い、よりリスク管理に役立つ

         契約書を作るためのポイントや実務上の留意点等を解説~
  (1)売買契約書
  (2)継続的商品取引契約書
  (3)特約店・代理店契約書
  (4)賃貸借契約書
  (5)金銭消費貸借契約書
  (6)担保設定契約書

4.改正民法の概要



◇ テキスト添付資料
(1) 土地売買契約書        (2) 継続的商品取引契約書
(3) 特約店契約書         (4) 代理店契約書
(5) 賃貸借契約書         (6) 使用貸借契約書
(7) 定期建物賃貸借契約書     (8) 金銭消費貸借契約書
(9) 債務承認弁済契約書      (10) 債権譲渡契約書
 
※お申込の方には、「事前要望確認書」にて、ご意向を伺ったうえで、より関心の高い契約書に比重をおいて解説を進めます。また、セミナー終了後は、講師への個別質問・相談の時間を設けます。

講師紹介

不二法律事務所

パートナー弁護士

甲斐田  靖 氏

九州大学法学部法学科卒業、平成7年司法試験合格。
平成10年福岡県弁護士会登録、現在は、訴訟事件のほか、企業・官庁の法務、倒産事件処理など一般民事・家事事件を主に担当している。
また、九州弁護士会連合会の民事介入暴力対策委員会委員、福岡県弁護士会の高齢者・障害者委員会委員などをつとめる。


不二法律事務所は、福岡を本拠とする上場企業大手から、地元中小企業まで多くの顧問先を持つ。労働法・会社法・倒産法・行政法等を専門分野に、共同事務所としての強みを生かし、案件に応じて経験や専門知識を有する複数の弁護士が共同して対応することを原則に、迅速かつ的確な解決を心がけている。
特に、企業法務全般・株主総会指導・労働問題・会社再編等における企業コンプライアンスの実践と確立を目指している。

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:安松)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve