分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 総務・法務分野一覧 > 人事・労務・福利厚生の税務知識セミナー

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.33)

人事・労務・福利厚生の税務知識セミナー

実務上直面する様々なケースをもとに解説します!

スケジュール等

開催日 2018年9月12日(水) 10:00~16:30
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

税理士法人TIC代表社員
税理士  

吉住 要祐 氏

対象者 人事・労務・総務部門の管理者、担当者の方
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 25,920円
未会員企業  36,720円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

複雑で多岐にわたる人事、労務、福利厚生関係の税務を誤りなく処理するためには、広範囲にわたる正確かつ最新の税務知識が必要です。
例えば、
 *非課税となる旅費・通勤費は?   
 *出向者への給与・退職金の支払い方法は
 *損金に算入できる役員給与の範囲は?
 *福利厚生費等の経済的利益の取扱いは?
 *未払残業代の課税方法は?     
など、課税・非課税の判断や給与として処理すべきもの等の判断基準を理解して個々の事案に対処する必要があります。
本セミナーでは、日常業務において判断に迷うことの多い様々な事案や、税務調査で問題となることが多い事例を中心に、「なぜそのような判断になるのか?」「誤った場合どうなるのか?」を最近の税務調査での指摘事項もふまえて、わかりやすく解説いたします。

講座内容

1.人事・労務・福利厚生に関する税務の基本
  1.給与と源泉徴収、年末調整
   (1)源泉徴収義務者とは
   (2)給与や報酬に対する毎月の源泉徴収事務
   (3)年末調整のあらまし
  2.退職金に関する税務
   (1)退職所得とは何か
   (2)退職所得に対する課税方法
  3.役員給与・退職金をめぐる税務
   (1)定期同額給与
   (2)事前確定届出給与
   (3)役員退職給与の損金算入について
2.日常業務で税務上問題となる事例
  1.旅費・通勤費の問題点
   (1)出張旅費と単身赴任者の帰宅旅費の注意点
   (2)通勤手当、非常勤役員等の出勤のための費用
   (3)海外渡航費
  2.各種社員表彰の所得区分と課税方法
   (1)永年勤続表彰の記念品
   (2)職務発明対価の所得区分
  3.慶弔見舞金をめぐる税務上の取扱い
   (1)結婚祝い・出産祝い
   (2)災害見舞金
   (3)病気見舞金
  4.社宅・寮の貸与等をめぐる税務上の取扱い
   (1)給与課税の対象となる社宅の貸与
   (2)社宅の貸与による経済的利益の評価
  5.親睦会・慰安旅行・レクリエーション・人間ドック費用の負担をめぐる税務上の取扱い
  6.研修費・資格取得費をめぐる税務上の取扱い
   (1)資格取得費の負担
   (2)学資の補助
  7.その他の福利厚生・各種保険料の負担をめぐる税務上の取扱い
   (1)商品・製品の値引販売
   (2)各種保険料の会社負担
  8.社員の人事交流(出向)をめぐる注意点
   (1)給与負担金など
   (2)事前確定届出給与の届出手続

  9.未払残業代の課税方法は?
3.質疑応答(全体・個別質疑)

講師紹介

税理士法人TIC 社員

代表社員・税理士

吉住 要祐 氏

1965年生まれ。1988年西南学院大学法学部卒業、1990年西南学院大学大学院法学研究科博士前期課程修了。同年、太田昭和アーンストアンドヤング(株)入社、1992年税理士登録。以来上場会社、金融機関、国立大学などの税務顧問を担当。2002年新日本税理士法人福岡(現:税理士法人TIC)設立と同時に社員に就任し現在に至る。九州北部税理士会福岡支部副支部長、九州北部税理士会理事(研修部副部長)、西南学院大学非常勤講師(現任)等を歴任。

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:河合)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve