分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日 フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2016年05月26日 8月開催
2016年06月30日 9月開催
2016年07月29日 10月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

★28年度新規セミナー

在庫管理の実務と最適化の着眼点

~問題だらけの在庫管理を正し、成果を上げる在庫削減の方法~

スケジュール等

開催日
平成28年8月23日(火) 10:00~17:00
会場
電気ビル共創館 3階カンファレンス C会議室
福岡市中央区渡辺通2-1-82
講師

株式会社流通エンジニアリング 代表取締役

横山 英機 氏

対象者 経営幹部、購買・物流部門の管理者、担当者
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,000円
未会員企業  38,880円


ご案内

最適管理を実現し、コスト削減をはかるには適正な在庫管理を行うことが必要です。しかし、現場サイドでは多品種小ロット化が進み、正確な実数を把握できなくなってきています。


サプライチェーン経営・キャッシュフロー経営を実現し、顧客の多品種・短納期・小ロット等の要望に応え、確実に利益を獲得する上で在庫管理は非常に重要です。


本セミナーでは、メーカーから卸・小売業まで幅広い指導実績を持つ物流・在庫の専門家である横山講師が、在庫管理の現状の問題点を説明した上で、在庫精度向上策や成果を上げる在庫最適化について、豊富な事例と写真・動画を用いて分かりやすく解説します。


講座内容

1.これからの在庫管理
  ~サプライチェーン全体の中で捉えよう~
 1)高度化するロジスティクスサービスの基本
 2)ロジスティクスにおける在庫サービスの重要性
   →顧客満足を高める在庫管理の内容
 3)在庫サービス実現の鍵は「統合化」
 4)経営改革と在庫改革テーマの関連
2.間違いだらけの在庫管理現場の実態
 1)商品在庫管理軽視と在庫評価不足
   →誰も低在庫回転の責任を持たない
 2)在庫評価を営業評価に未組入れ
 3)在庫内訳分析不足と力ずくの発注
 4)単品別ABC分析に見る「2.8」の原則くずれ
   →在庫回転率の実態が把握されていない
 5)日常の入出荷作業・棚卸が不適正
   →現品在庫の問題追求不足
 6)在庫管理現場の問題点まとめ
3.在庫管理の基礎知識
 1)在庫が「多い・少ない」の判断基準は
 2)在庫は「需要と供給」のバッファーという意味
 3)健全経営には在庫の高回転化が不可欠
   →貸借対照表でチェックする意義
 4)ロジスティクス改善と在庫改善の関係
   →物流改善は在庫改善でもある
4.成果をあげる在庫削減の進め方【事例紹介】
 1)単品データ分析の方法と効果
   →在庫管理方法が「視えてくる化」
 2)不活動在庫品の発見の方法と効果
 3)交叉比率分析による在庫評価の方法と効果
   →売上と在庫の経営効率チェック方法
5.在庫拠点集約による在庫削減【事例紹介】
 1)在庫拠点統合化の狙いと効果算定
    →保管費・人件費・輸配送費の計画が基本
 2)拠点規模算定には在庫計画が必須
 3)震災以降の「拠点統合・分散」の実態
 4)南海トラフ公表以降の物流拠点対応
6.在庫最適化に必須の発注システム【事例紹介】
 1)発注するための必要項目とは
   →発注担当者が日常で必要とする事項
 2)出荷予測数算出の考え方
 3)発注システムの基本モデル
   →既に数社で実行中の成功事例を紹介
7.在庫削減成功の条件
 1)生・販・物が一体となった取り組み方法
 2)経営的観点からの在庫適正化活動が重要

講師紹介

株式会社流通エンジニアリング

代表取締役

横山 英機氏

昭和42年中央大学法学部卒業、石油プラントメーカーに入社。一貫してシステム合理化プロジェクトを担当。コンサルティング会社勤務(物流コンサルティング部長)を経て平成元年より現職。物流戦略立案、物流センター開設、在庫削減、情報システム開発などで、メーカーから卸・小売業まで幅広い企業の指導に活躍中。実際の改善成果をふまえた実践的な指導には定評がある。物流担当者の企業内教育で人材育成にも成果を上げている。グローバル化に伴う上海物流センター開設コンサルも実施。


【著書】『 最適在庫実現マニュアル』(すばる舎)

申込要領

・下記よりオンライン申込が出来ます。 お申込後、翌営業日までに確認メールをお送りいたします。
・郵送にて受講証(会場略図含む)と請求書をお送りしますので、参加費は銀行振込にて開催前日までにご納入下さい。
・お申込後お差支えのときは、代理の方のご参加をお願いいたします。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:野田・京屋)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve