分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2018年03月29日 6月開催
2018年05月07日 7月開催
2018年06月06日 8月開催

キーワードで選ぶ

セミナーの記事一覧から検索します。探したいセミナーを入力してください。

セミナーに関するお問い合わせ

 ビジネススキル分野一覧 > 業務を見える化・標準化する事務マニュアル作成の進め方と活用の仕方

 

senkouketuke.png

受付開始前(パンフレット完成前)ですが、年間計画等で既に参加を予定されている企業様は、先行申込(本申込み/参加枠予約申込)が可能です。
研修内容は現在講師と企画検討中のため、昨年の研修項目を掲載しております。

(事業活動総合案内 No.116)

業務を見える化・標準化する

事務マニュアル作成の進め方と活用の仕方

スケジュール等

開催日 2018年11月6日(火) 10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師

株式会社ビジネスプラスサポート
人財育成プロデューサー

森田 圭美 氏

対象者 中堅社員、若手社員
事務職、業務改善に興味関心のある方
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,000 円
未会員企業  38,880 円
詳細案内 パンフレット(PDF)


ご案内

時間不足、スキル不足で作成が後回しになりがちな業務マニュアル。雇用の流動化が進む中、各業務において「勘、経験、度胸」の解決法だけではミスを引き起こしやすくなります。また業務が属人化したままだと、担当者が変わるたびにノウハウが途切れてしまう、お客様へ迅速な対応が出来ない、仕事の抱え込みによる残業の増加といった問題が発生します。
本セミナーでは、「マニュアル作成の目的」を理解したうえで、明日からの着手に向けたマニュアル作成のステップとポイント、スケジュールの立て方、周りの巻き込み方を演習やグループワーク、講師によるデモンストレーションを交え具体的に解説します。


マニュアル作成のメリットとは・・・

         業務の見える化・標準化で組織力強化につながります!
   マニュアル作成は「業務の見える化=洗い出し」からスタートします。


◎スムーズな引き継ぎで、担当者がいつ変わってもその業務を滞りなく遂行できるようになります。
◎業務の全体像をメンバー全員が把握し、業務改善の視点を身に付けることにも役立ちます。
◎業務の見直し効果による生産性の向上が期待できます。

講座内容

1.マニュアル作成は組織を強くする
(1)マニュアルが実現する3つの効果
(2)目指すのは「業務の品質」向上
(3)マニュアルは「やるべき基準」を明らかにする
(4)業務マニュアルの形態 
  ・手順書、チェックリスト、フローチャート、FAQ集
(5)マニュアル作成の現状と手に入れたいゴール 【グループワーク】
  ・マニュアル作成の目的は? ~「なぜ作るのか?」を明らかにする~ 
2.マニュアル作成はここからはじめる
(1)マニュアル作成の5W1H
(2)ユーザーの視点に立つ
(3)周囲を巻き込みマニュアル作成に着手するポイント 【グループワーク】
(4)キックオフミーティングからのスケジュール
(5)配布の形式を選ぶ
3.マニュアル作成のファーストステップ
(1)マニュアル化の対象業務を選ぶ
 ・定型業務と非定型業務の取り扱い 
 ・業務の分担を見直す
(2)業務を洗い出す 【個人ワーク】
 ・業務の棚卸しをしよう ・業務の適正化
(3)業務を改善するマニュアル作成 ~改善の8原則~
4.業務マニュアルの作成 
  ●講師によるデモンストレーションを行います●
(1)読みやすさを工夫する
(2)Wordをフル活用するマニュアル作成
(3)見出しと目次で探しやすくする
(4)イラスト・図解・写真で分かりやすく
 ・パソコンの画面ショットを取り込む 

 ・画像の配置のポイント
(5)マニュアル文章を分かりやすく書く 【個人ワーク】
5.活用・更新でマニュアルが活きる
(1)マニュアル活用のPDCAサイクル
(2)マニュアルを一覧管理する
(3)見直し・更新をスケジュール化する
(4)マニュアルの使い勝手をチェックする
(5)チェックリスト/フォームを業務プロセスに組み込む
 ・作業の自動化 

 ・クレーム、事務ミスの共有でCSを向上する
6.マニュアルは組織を活性化する
(1)段取りが組織に余裕を生み出す
(2)安定したアウトプットが顧客満足をもたらす
(3)仕事の属人化からチーム力の向上へ 【グループワーク】


*【参考資料】Word操作編*

講師紹介

株式会社ビジネスプラスサポート

人財育成プロデューサー

森田 圭美 氏

大学卒業後、大学講師秘書・学会事務を経て、人材教育企業に勤務。
IT(Microsoft製品のオフィシャルトレーナー)分野から講師業をスタートし、「わかりやすい、すぐ使える」インストラクション技術を習得。

その後、コミュニケーション能力開発・業務改善と分野を広げ、研修企画・講師として活躍。(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。
『「人と人」「仕事と人」「人と組織」を笑顔で結ぶ』をモットーに、研修の場にとどまらない、現場で明日から使える参加実践「気づき・納得」型プログラムを実施。さわやかでストレートな口調から、明るい研修の場をつくり、受講者の「合点!」の笑顔と行動を引き出している。
チームコミュニケーション活性化、「マニュアル」作成・活用による業務効率化を軸として、組織力の向上を支援している。


【著 書】
「事務ミスゼロ」の仕事術 (藤井美保代・著)/日本能率協会マネジメントセンター5章「ミスを防ぎ、効率をアップさせる13のフォーマット」作成協力/「 営業力強化マニュアル」/清文社「叱らない」で部下を育てる技術(叱りプロジェクト・共同著)/日本能率マネジメントセンター

申込要領

nagare1.png



      ※参加費は、原則として開催前日までにお振込み下さい。

      ※キャンセルの場合は開催日10日前までにご連絡ください。

      ※セミナー当日のキャンセルは、ご返金いたしかねます。

      ※PCセキュリティの都合等でインターネットでのお申込みができない場合は、

       FAXでも受け付けております。必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:松尾)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve