九州生産性大学経営講座一覧 > 戦略的データ活用基本コース


【オンライン&通学コース】

戦略的データ活用基本コース

DX時代のデータ経営と仕事で活かす統計学的思考力

スケジュール等

ねらい

データ経営の基本的考え方から実際の活用方法まで、データ分析思考力、情報分析の基礎的能力、整理力など仕事に活かす総合力を身につけます。

すすめ方

・本コースは、オンライン(Zoomミーティング)をメインに実施します。
 ※第1単元、第5単元を除く
・第7単元では無料分析ツール「KH Coder」のインストールをお願いします。

 (Macintoshは有料)
・PCでの受講をお願いします。(タブレットは正常に動作しない可能性がございます。

・データ経営の基本的考え方から実際の活用方法まで、統計学的思考力、情報分析の基礎的能力、整理力など仕事に活かす総合力を身につけます。
・講座期間中に課題(動画、演習、図書)を設けて理解を深めます。
・講座の中で実際にデータや分析ソフトを扱うことにより実践力を養います。
・受講者の「外部人脈作り」のために、交流の機会を提供します。

対象者 ・データ経営の基本を学びたい方
・自社データの分析・活用を進めたい方
・経営企画部門、マーケティング部門、営業推進部門の方
・DX、データ経営を検討している担当の方
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 253,000円
未会員企業  341,000円
定員 42名(最小開催人数 10名)
その他

※給付金申請用スケジュール(64期開催予定スケジュール/PDF)

詳細 コース別パンフレット


カリキュラム

 開講課程 

【オンライン

(収録)配信】

4月28日(木)〜

5月31日(火)



配信(1) 開講式(挨拶)・オリエンテーション


配信(2) 講演「世界経済の潮流と日本経済の行方」

         株式会社大和総研 副理事長    熊 谷 亮 丸 氏


配信(3) 講演「デジタルテクノロジーが変える世界、我々はどう生き残るべきか」

        日本マイクロソフト株式会社  
        エバンジェリスト・業務執行役員   西 脇 資 哲 氏 

 第1単元 

5月18日(水)

10:00~17:10

<会場受講>

DX時代に求められるデータを活かしたビジネス戦略
 1.ビッグデータ時代の企業を強くする情報活用とは
 2.社内に何十万件と眠るデータを活用できているか
 3.データに強い企業文化をつくる
 4.ひとりひとりが主役のビジネスデータ分析
 5.情報活用をうまく進めるために必要な力

 

ゲスト卓話(16:10~17:10)

たった一店舗の老舗飲食店が実践した次世代のデータ経営

~技術とデータを活用した事業躍進とwithコロナ時代の新たな挑戦~

  

<参加者交流会〜名刺交換〜>(17:30〜18:30) 

 第2単元 

5月25日(水)

10:00~15:00

<オンライン受講>

既存データを活用するビジネスインテリジェンス
~現場実務で多量のデータを使いこなすための基本~
 1.PL・BSの視点から分析する項目を掴む
 2.BI活動によるデータ分析(操作実演)
 3.業務別データ分析の手法(分析参考例)
  ~営業・経理・人事データを分析する~
 4.データ分析・活用の成功要因とは

 第3単元 

6月 9日(木)

10:00~15:00

<オンライン受講>

 

6月21日(火)

10:00~15:00

<オンライン受講>

仕事に活かすデータの扱い方・見える化の基本1
~集計と可視化の基本と手法~
 1.データを分析するとは(分解と統合の哲学)
 2.Excelを用いてデータの扱い方を学ぶ
 3.代表値の効果的な活用方法を理解する
  (平均値・中央値・偏差値・標準偏差)
 4.ピボットテーブルを理解して、使いこなす

  

仕事に活かすデータの扱い方・見える化の基本2
~統計学から学ぶデータ分析で必要な視点・考え方・論理的思考~
 1.データを見やすく整える(実践演習)
   ~重複削除とカウント、2軸グラフ、スライサー、データの分解~
 2.ロジカルシンキングをデータ分析に活用する
 3.ロジックツリーによる問題解決

 第4単元 

7月21日(木)

10:00~15:00

<オンライン受講>

データを整え分析の質を高めるクレンジングの技術
~データ分析前に必須の知識と手法を身に着ける~
 1.データを集める際に注意すること
 2.データの前処理が分析の質を決める
 3.データの型とフォーマットを揃える
 4.重複の削除・欠損値の補完・ダミー変数

 第5単元 

8月24日(水)

10:00~17:00

<会場受講>

複雑なデータを分析するためのスキル
~基本的なデータマイニングの手法を習得する~
 1.未来を予測するための考え方と手法「確率」
 2.部分から全体を知るための手法「推定」
 3.データの信憑性の検証方法「検定」
 4.データから未来を予測する方法の基礎と実務への応用「回帰モデル」

 

<参加者交流会>(17:45〜19:45) 

 第6単元 

9月14日(水)

10:00~15:00

<オンライン受講>

データ間の関係性を正しく読み取る因果推論
~整理し、分析した結果から学ぶデータリテラシー~
 1.相関関係と因果関係の違いを理解する
 2.複数の因果関係を分析する方法を学ぶ
   ~層別解析、回帰モデル等~

 第7単元 

10月 4日(火)

10:00~15:00

<オンライン受講>

定性分析の基本・テキストマイニングの考え方と実践
~文字情報を分析・活用しビジネス改善につなげる~
 1.テキストマイニングを知る
 2.KH Coderによる実践
 3.ビジネスの場で活用する【企業事例】

修了レポートの提出(提出期限:10月20日)

 第8単元 

11月10日(木)

10:00~15:00

<オンライン受講>

データ経営に不可欠な体制づくりとすすめ方
 1.トップから始めるデータを経営に活かす思考
 2.データ活用の目的・目標を明らかにする
 3.部門間の連携と障壁に対処する
 4.プロジェクトメンバーの役割と期待されるリーダーシップ
 5.データ活用で社員一人一人の仕事を拡大強化する

 修了課程 

【全コース合同】
12月13日(火) 

講演「ワーク・ライフバランスがつくる未来」

    株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長  小 室 淑 恵 氏


講演「熱量の高いファンと絆を生む
      よなよなエール流『愛されるブランドのつくり方』」

    株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長   井 手 直 行 氏


修了式(優秀レポートの表彰および修了証書の授与)

第64期九州生産性大学経営講座 修了記念パーティ


*修了課程の全コース合同開催が難しくなった場合は、開催方法を変更する場合がございます。

コース講師陣 (50音順)

・岡崎  凌 氏  (和から 経営企画室室長・データコンサルタント)

・小田島 春樹 氏 (EBILAB 代表取締役社長)

・川原 祐哉 氏  (和から 統計講師・データコンサルタント)

・住中 光夫 氏  (システムリサーチ&コンサルト 代表取締役)

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:田村・京屋)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve