九州生産性大学経営講座一覧 > ごあいさつ


ごあいさつ

未来を拓くリーダーの養成
  公益財団法人九州生産性本部 会長〔西部ガス(株) 代表取締役会長〕  酒 見 俊 夫 氏

タイトルなし.png

日本経済は昨年来、新型コロナウイルスの感染拡大やそれに伴う緊急事態宣言の発令等により、深刻な打撃を受けています。また、少子高齢化による労働力人口減少や、インバウンド需要減少の影響も大きく、経済情勢の先行きは非常に不透明な様相を呈しています。
 一方、九州経済は依然、厳しい状況下ですが、福岡市の「天神ビッグバン」や熊本市の「JR熊本駅周辺再開発」、2023年の「九州新幹線西九州ルート開業」など、再開発事業等が持続的に計画・実施されており、景気浮揚の足掛かりとして期待されています。
 さて、当本部の中核的事業である九州生産性大学経営講座は、九州一の実績を誇るマネジメントスクールとして、体系的なカリキュラムのもと、これまでに27,500名を超える修了者を輩出し、その多くは組織を力強く先導するリーダーとして九州の各地域で活躍しておられます。
 コロナ禍の中、前年度62期は全講座の中止により、大変ご迷惑をお掛けしましたが、63期は新たなコースも加え、経営革新を実践できる人材を開発していくことで、企業の永続的な発展に貢献してまいりたいと考えております。
 今年度も運営委員会を中心に、組織を活性化し未来を拓くリーダーを養成すべく、講座内容の更なる充実を図っております。皆様の積極的なご参加を賜りますようお願い申し上げます。

多様な人材育成による価値創造の実現
  九州生産性大学経営講座 理事長〔(株)安川電機 代表取締役会長〕  津 田 純 嗣 氏

津田理事長.jpg

I IoT、AI、ビッグデータ、ロボティクスの発展や情報通信ネットワークの発達により、新しい技術革新が近年急速に進展し、経済社会の大きな変化を引き起こしつつあります。
 また、コロナ禍によりあらゆる分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが加速化する中、企業はデータやデジタル技術の活用によって、組織やビジネスモデルを変革し、価値提供の方法を抜本的に変えていくことが求められております。
 コロナショックから立ち直りグローバル競争を勝ち抜くためには、急速に変化するビジネス環境に適切に対応することは勿論、多様な人材の活躍を支援するとともに新たな市場や価値を創造できる人材の養成が必要不可欠です。
 今年度の本大学は、これまでの階層別や経営機能別のコースのほか、オンラインによるデータ経営の推進をねらいとした特設のコースを加え、全12コース編成にて開講いたします。
 日常業務を離れての長期研修は、新たな知識や体系的な理論の習得に留まらず、異業種の仲間との多様な価値観の交流により柔軟な思考や発想を生み出し、新たな挑戦へのエネルギーともなります。
 新しい時代の企業、社会に求められる人材の養成に本講座を是非ご活用いただきたくご案内申し上げます。

大学理事.png

btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve