関連組織・団体

side_bnr_iekyoukai.jpg

side_bnr_roudoukumiai.jpg

side_bnr_roushi.jpg

side_bnr_hinshitsu.jpg

side_bnr_kikan.jpg

side_bnr_nihon-service-awar.jpg

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

★オフライン(通学)、オンライン同時開催  【九州労組生産性会議事業】

組合員を守り、個別労働トラブルを未然に防ぐ

労組幹部のための労働法セミナー


労働者に対する安全配慮義務や退職・解雇の法的考え方の基本から、
同一労働・同一賃金やパワハラ防止法など労働法制の最新動向まで解説!

スケジュール等

開催日

2020年10月1(木) 13:30~16:30

※本セミナーは(A)セミナー室での受講(B)オンライン受講どちらかを選択できます。

 オンライン受講は、9月29日11:00より事前接続確認とZOOM基本操作の説明を行います。

会場

(A)九州生産性本部セミナー室 【定員28名】
   福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階


(B)ZOOMによるオンライン同時配信 【定員24名】

  ※運営上、PC(マイク・カメラ使用)での参加をお願いします。
  ※受講用URLはお申込み後にご案内します。

講師

市川法律事務所 弁護士

市川 俊司 氏

対象者

労組幹部

参加費(税込)
1名につき

九労生会員労組      4,400円
九州生産性本部会員労組  4,400円
未会員労組        6,600円

会場設営・定員

(A)学校形式・28名 (B)24名

詳細パンフレット

パンフレット(PDF)


ご案内

今日企業では、経営環境の急激な変化による事業の再構築や、働き方の多様化に伴い、事業主と労働者との間で個別労働トラブルが数多く発生しています。労働時間や勤務内容、退職や解雇に関するトラブルはもちろん、コロナ禍におけるテレワーク導入の労務管理など、新たな問題への対応も求められています。
労働組合の役割は、労働者の健康・安全を守り、多発する労働トラブルを未然に防ぐことです。そのためには、労働側の立場から労働法についての正しい知識を身に付け、適切な運用を図ることが重要です。
本セミナーでは、労働者に対する安全配慮義務や退職・解雇の法的考え方の基本から、労働法制の最新動向まで、事例を交えながら実務に沿って解説します。

講座内容

1.労働時間・時間外労働・休日労働
(1)労働時間であるかないかの判断基準及び時間外をめぐる各種ケース
  ・始業時の朝礼や作業準備 
  ・自宅への持ち帰り仕事 
  ・遅刻分を残業した時 など
(2)時間外労働・休日労働とは
  ・法定時間外労働と所定時間外労働/法定休日労働と所定休日労働の違いと留意点
  ・時間外労働の上限   
  ・三六協定締結にあたっての法的留意点

(3)同一労働・同一賃金に向けての取り組み
  ・同一労働・同一賃金ガイドライン
  ・手当・福利厚生における待遇差の検討
2.改正労働基準法のポイントと多様な働き方実現のための環境整備
(1)過重労働防止のための法制度の整備
  ・労働時間の上限規制    
  ・時間外労働に対する割増賃金の見直し 
  ・年次有給休暇の取得促進 
(2)副業・兼業の動向と法的問題点

(3)テレワーク導入における労務管理
3.健康と安全配慮義務
(1)安全配慮義務の意味と会社の法的責任
  ・精神障害の労災認定基準とは

  ・パワーハラスメント防止措置の取り組み  
  ・パワハラ・セクハラ等をめぐる最新動向
(2)メンタル疾患による休職・退職・解雇の実務対応
4.解雇規制を踏まえた退職・解雇
(1)退職・解雇に関する各種ケース
(2)整理解雇「4要素」の近時の判例動向
  ・人員削減の必要性   ・解雇回避の努力
  ・解雇基準の合理性   ・労働者・労働組合との誠実協議
(3)解雇の「金銭解決ルール」に向けた動向

講師紹介

市川法律事務所

弁護士

市川 俊司 氏

1946年生まれ。1969年中央大学法学部を卒業後、翌年司法試験に合格。司法修習を経て、1978年谷川総合法律事務所(北九州市)に入所。1998年より、福岡市にて市川法律事務所を開設、現在にいたる。


【役 職】
 日本労働組合総連合会福岡県本部顧問、行橋市政治倫理審査会会長
【著 書】
「いま政治倫理を手づくりの条例で」「働く人の倒産対策」「働く人のコンプライアンス」

申込にあたり確認事項 

■ZOOMについて


オンラインセミナーでのご参加の場合は、ZOOMというオンライン配信ツールを利用し開催します。ZOOMを初めて利用される方は簡単なセットアップが必要となります。お送りした受講用URLをクリックいただくと、自動でプラグイン(サインイン)の画面が開きますので、お手数ですが事前講座までにセットアップをお願いします。(通常1分程度で完了します)


※Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良い所でご受講ください。

※リアルタイム配信のみとなっており、録画受講はできませんのでご了承ください。

※視聴にかかる通信料はご負担ください。


■参加者変更を希望される場合


お申し込み後に参加者を変更される場合は、お電話にてご連絡ください。

当方にて申込データを修正いたしますので、再度お申込確定メールに記載の参加証URLを開いていただければ修正された参加証を入手いただけます。


■キャンセルを希望される場合


開催日10日前までは、お申込み確定メールに記載のURLよりWEB上でキャンセル処理が可能です。

開催日10日以内のキャンセルにつきましては、お電話でのみ受け付けます。


なお、お客様のご都合により研修・セミナーお申し込み後にキャンセルされる場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。ご返金が発生した際には、払込手数料を差し引いてご返金いたします。
〈キャンセル料〉
(1)開催日2日前まで … なし
(2)開催日前日(営業時間内) … 受講料の50%
(3)開催日前日17:30以降~当日 … 受講料の100%

 ※前日が土日祝日にあたる場合は、その前営業日が前日となります。

 ※営業時間(9:00~17:30)以降のご連絡は、翌営業日とみなします。


■中止・延期について


講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、止むを得ずセミナーを中止・延期する場合がございます。その際は、ホームページにてご案内するとともに、セミナー申込連絡担当者の方へ電話もしくはメールにてご連絡いたします。また、その場合、受講料は返金いたしますが、交通費などのキャンセル料につきましては、お客様のご負担でお願いします。


■受講料のお支払いについて


原則として、開催前日までにお振込みにてお支払いください。



申込要領

nagare1.png



      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

九州労組生産性会議(九労生) (担当:吉藤)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階 九州生産性本部内
TEL 092-771-6481 
FAX 092-771-6490

   

btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve