分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2022年07月28日 9月開催
2022年08月02日 10月開催
2022年08月31日 11月開催

キーワードで選ぶ

セミナーに関するお問い合わせ

 財務・経理分野一覧 > 【新】原価の仕組みと実践法

 

icon_status_ok.png


(事業活動総合案内 No.46)

★2022年度新規セミナー

原価の仕組みと実践法

~原価のしくみを理解し、コストダウンと価格戦略につなげる

スケジュール等

開催日 2022年10月5日(水) 10:00~17:00
会場 九州生産性本部セミナー室
福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
講師 株式会社MEマネジメントサービス
マネジメントコンサルタント・公認会計士
橋本 賢一 氏
対象者 製造・技術部門の方
原価管理・経理・営業部門の方
業種・部門にかかわらず原価について関心をお持ちの方
参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,500円
未会員企業  39,600円
詳細案内 パンフレット(PDF)

ご案内

◎原価のしくみを理解せずして、利益の確保・増大はありえません
原材料価格の大幅な変動、激化するグローバル競争など、コロナ禍になり企業環境はますます
変化の激しい状況にあります。このような中、利益を確実に確保し、かつ利益率を高めていくに
は、原価を管理する部門のみならず、社員一人ひとりが原価の仕組みを正しく理解し、常に原
価を意識した行動をとることが必要です。


◎原価は、あらゆる業種、部門に必要な知識です
原価の仕組みを理解することは、個々人の業務上のコスト意識を高め、結果として利益を生み
だす組織づくりに直結します。そのため、製造業のみならずサービス業を含めたあらゆる業種、
あらゆる部門においても必要な知識です。


◎原価の基本について、演習を交えてわかりやすく解説します
本セミナーは、初めて原価について学ぶ方にも理解いただきやすいよう、基本からわかりやす
く、実務に即した演習を豊富にまじえながらすすめてまいります。

講座内容

1.原価のしくみ -原価に関する基礎的な用語を理解しよう-
1-1 利益はどのように計算されているか     ‐原価が分らずに、利益は判らない
   演習:製造原価報告書作成問題        ‐製造原価報告書から何が見える?
1-2 費用・原価とは何か                  ‐費用と原価は何が違う?
1-3 直接費・間接費とは何か              ‐直間から材料費と加工費に分ける
1-4 変動費・固定費とは何か            ‐直接労務費は変動費か固定費か?
2.標準・見積原価計算の進め方 -製品・工程別の原価を算定する-
2-1 事後と事前に見る原価                           ‐事後より事前に原価を知ることが大事
2-2 材料費の見積                           -スクラップが出る材料を見積もるには?
2-3 加工単価(加工費レート)の見積            ‐変動費・固定費レート設定が必須
2-4 加工時間の見積                  ‐製品別・工程別の時間を見積もる
   演習:見積原価計算問題             ‐材料消費量・時間見積が出来れば簡単
   演習:価格決定問題             ‐赤字受注とは何利益が赤か?
3.原価計算から原価管理へ -技術の原価企画と製造の標準原価管理-
3-1 コストは見えるようにすることから       ‐分けて➡測るとコストの中身が見える
3-2 誰がコストを下げるのか。           ‐人によりコストダウンの役割が違う
   演習:製品別・部門別原価計算        ‐管理の主体は「人」である
3-3 何をコストダウンするか。         ‐人別にコストダウン課題を明確にする
3-4 どれくらいコストが下がるか。       ‐あるべき姿の追求でCD余地が見える
   演習:ABC・PPM分析問題        ‐人別に効果の大きいCDテーマを選ぶ
4.原価計算結果を経営に役立てる -損益を分ける分岐点がある-
4-1 損益分岐点を計算してみる           ‐固定費を限界利益で回収する点
   演習:損益分岐点問題            ‐損益分岐点分析をどう使うか?
4-2 利益を増やす5つの方法がある         ‐利益の出る製品ミックスが大事
4-3 赤字受注しても利益が出る           ‐値引き要求に応じるか?
   演習:意思決定問題               ‐外注した方が安いか

講師紹介

株式会社MEマネジメントサービス

マネジメントコンサルタント・公認会計士

橋本 賢一 氏


1969年中央大学商学部卒業。公認会計士事務所、日本能率協会チーフコンサルタントなどを経
て、1985年(株)MEマネジメントサービスを設立。現在、中堅企業から大手企業まで多くの企業
で、原価企画・コスト管理・生産革新・生産性向上等に関するコンサルティング活動やセミナー講
師として活躍。日本国内のみならず、中国・タイ・韓国などの海外でもコンサルティング活動を行う。
実務に密着した実践的で明快な指導ぶりには定評がある。
〈著書〉

「実践原価計算」「見える化でわかる限界利益と付加価値」
「見える化でわかる間接・サービス部門の原価管理」
「見える化でわかる売り値と買い値」「よくわかる原価のしくみ」「よくわかるムダとりの本」
「初乗り610円にダマされるな!」「社長!経営が見えていますか?」

申込にあたり確認事項 

■参加枠のご予約について


参加者が確定していない場合は、確実に参加いただけるよう参加枠の予約を受け付けております。

参加枠予約の有効期間は、開催4週間前までとなっておりますので、それまでに正式申込手続きをお願いします。


■参加者変更を希望される場合


お申し込み後に参加者を変更される場合は、お電話にてご連絡ください。

当方にて申込データを修正いたしますので、再度お申込確定メールに記載の参加証URLを開いていただければ修正された参加証を入手いただけます。


■キャンセルを希望される場合


開催日10日前までは、お申込み確定メールに記載のURLよりWEB上でキャンセル処理が可能です。

開催日10日以内のキャンセルにつきましては、お電話でのみ受け付けます。


なお、お客様のご都合により研修・セミナーお申し込み後にキャンセルされる場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。ご返金が発生した際には、払込手数料を差し引いてご返金いたします。
〈キャンセル料〉
(1)開催日2日前まで … なし
(2)開催日前日(営業時間内) … 受講料の50%
(3)開催日前日17:30以降~当日 … 受講料の100%

 ※前日が土日祝日にあたる場合は、その前営業日が前日となります。

 ※営業時間(9:00~17:30)以降のご連絡は、翌営業日とみなします。


■中止・延期について


講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、止むを得ずセミナーを中止・延期する場合がございます。その際は、ホームページにてご案内するとともに、セミナー申込連絡担当者の方へ電話もしくはメールにてご連絡いたします。なお、中止の場合、受講料は返金いたしますが、それ以外の補償は行いません。


■受講料のお支払いについて


原則として、開催前日までにお振込みにてお支払いください。


申込要領

nagare1.png


      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:和田)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve