分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2021年02月02日 4月開催
2021年03月01日 5月開催
2021年04月01日 6月開催

キーワードで選ぶ

セミナーに関するお問い合わせ

 能力開発(幹部・リーダー)一覧 > 「パワハラ」と誤解されない部下指導術セミナー

 

icon_status_ok.png


(事業活動総合案内 No.99)

「パワハラ」と誤解されない部下指導術セミナー

ー「パワーハラスメント防止のため指針」についても解説ー

スケジュール等 【通学】

開催日

2021年8月5日(木)  10:00~17:00

会場

電気ビル共創館 3階カンファレンス
福岡市中央区渡辺通2-1-82

講師

Pro-Sec(プロ・セック) 代表
人材育成コンサルタント
田中 志保 氏

対象者

管理・監督者の方
部下をお持ちの全ての上司の方
後輩等の教育・指導担当者

参加費(税込)
1名につき

賛助会員企業 27,500円
未会員企業  39,600円

会場設営・定員 グループ形式・30名
詳細パンフレット パンフレット(PDF)


ご案内

就労に関して多様な価値観をもつ部下が増えるなか、過去の経験に基づいた部下指導では、パワーハラスメント(以下パワハラ)と誤解される事例が生じています。上司と部下とではパワハラに対する認識に大きな差があり、上司としては妥当な指導をしたにも拘らず、その言動を部下はパワハラと感じてしまい、モチベーションが落ちた、精神的に不安定になった等のメンタル不調の問題が起こっています。
このような職場環境では、業務に支障をきたすばかりか、組織全体に実に様々な悪影響を及ぼすことが指摘されています。
そこで本セミナーでは、職場におけるパワハラの内容について理解を深めていただくとともに、グループワークや事例研究を通して、パワハラと誤解されずに部下の成長を支援する指導のあり方について習得していただきます。また、現場で多くの上司を悩ませている「パワハラの定義にはあてはまらないが、言われた部下が「パワハラだ!」と感じてしまう「グレーゾーンのパワハラ」についても学んでいただきます。

【本セミナーのねらい】

〇法制化されたパワハラの概念について理解する
〇パワハラと誤解されないコミュニケーション術を習得する
〇「グレーゾーンのパワハラ」と呼ばれる事例を通して、社会の変化に対応した

 部下指導のあり方を理解する


講座内容

1.上司として「パワーハラスメント」にどう向き合うか
 (1) あなたの「パワハラ度」をセルフチェック!   
 (2) 問われる職場のパワハラのとらえ方


2.職場におけるパワハラ対策の法制化
 (1) そもそも「 労働施策総合推進法」とは
 (2) 法制化された職場のパワハラの定義とは
 (3) パワハラに該当すると考えられる例・該当しないと考えられる例


3.部下指導に成果をもたらす「コミュニケーション術」
 (1) 「イマドキ上司」に求めれるコミュニケーションとは

 (2) 上司が押さえておきたい「イマドキの部下」の特徴とは
   ケースメソッド 「同じ失敗を繰り返す部下を指導する」

 (3) 上司が気をつけたい「アンコンシャス・バイアス」

 (4) 部下を混乱させる「ダブルバインド」

 (5) 相手を傷つけずに、考える人材を育てるコミュニケーション~聴くスキル~

 (5) 関係をこじらせずに、言いたい事を伝えるコミュニケーション~伝えるスキル~

 (5) 上司が心がけたい部下指導の6つのポイント
 
4.言われた部下が「パワハラだ!」と感じてしまう 
  グレーゾーンのパワハラとは?
 (1) グレーゾーンのパワハラとは
 (2) グレーゾーンのパワハラが起こる理由
   事例研究1 「部下の意に反する指導はパワハラなのか?」

          ~指導における「NGワード」とは~
   事例研究2 「組織に起こる不協和音の原因は?

          ~パワハラとマネジメントの境界線とは~

 (3) グレーゾーンのパワハラの対処法 ~3つのステップ~


5.パワハラを未然に防ぐ部下との信頼関係の築き方
 (1)上司と部下に信頼関係の構築が必要な理由

 (2)信頼関係の構築に必要な「2つの要素」
 (3) 部下との信頼関係を築くコミュニケーションの取り方

講師紹介

Pro-Sec(プロセック) 代表

人材育成コンサルタント

田中 志保 氏

大手広告会社のマーケティング・クリエイティブ局を経て、株式会社ホテルオークラ福岡で管理職の専任社長秘書として勤務。スケジュール調整や文書対応などの間接的な業務を担当する役員のアシスタントに留まらず、国内外の経済界や政界、皇室などのVIP対応や営業、渉外、社長特命事項なども担当する“直接補佐型秘書(参謀型秘書)”として秘書室を統括する。
同社退職後はPro-Sec(プロ・セック)を起業、代表に就任。現在は首都圏や福岡を中心に、各種企業やマスコミ、行政機関や司法機関、大学などで、コミュニケーションや部下指導、また、リーダーの育成、女性活躍推進などに関するコンサルティングや研修、講演などを展開。
“人材育成”通して、企業や組織の“人事戦略”と“ブランディング”に貢献している。

申込にあたり確認事項 

■参加枠のご予約について


参加者が確定していない場合は、確実に参加いただけるよう参加枠の予約を受け付けております。

参加枠予約の有効期間は、開催4週間前までとなっておりますので、それまでに正式申込手続きをお願いします。


■参加者変更を希望される場合


お申し込み後に参加者を変更される場合は、お電話にてご連絡ください。

当方にて申込データを修正いたしますので、再度お申込確定メールに記載の参加証URLを開いていただければ修正された参加証を入手いただけます。


■キャンセルを希望される場合


開催日10日前までは、お申込み確定メールに記載のURLよりWEB上でキャンセル処理が可能です。

開催日10日以内のキャンセルにつきましては、お電話でのみ受け付けます。


なお、お客様のご都合により研修・セミナーお申し込み後にキャンセルされる場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。ご返金が発生した際には、払込手数料を差し引いてご返金いたします。
〈キャンセル料〉
(1)開催日2日前まで … なし
(2)開催日前日(営業時間内) … 受講料の50%
(3)開催日前日17:30以降~当日 … 受講料の100%

 ※前日が土日祝日にあたる場合は、その前営業日が前日となります。

 ※営業時間(9:00~17:30)以降のご連絡は、翌営業日とみなします。


■中止・延期について


講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、止むを得ずセミナーを中止・延期する場合がございます。その際は、ホームページにてご案内するとともに、セミナー申込連絡担当者の方へ電話もしくはメールにてご連絡いたします。また、その場合、受講料は返金いたしますが、交通費などのキャンセル料につきましては、お客様のご負担でお願いします。


■受講料のお支払いについて


原則として、開催前日までにお振込みにてお支払いください。


申込要領

nagare1.png



      ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:松田)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve