分野で選ぶ

2015年12月09日 経営トップ・経営企画・監査
2015年12月09日 経営品質
2015年12月09日 人事・労務
2015年12月09日 総務・法務
2015年12月09日 教育・広報
2015年12月09日 財務・経理
2015年12月09日 営業・マーケティング
2015年12月09日 生産・物流
2015年12月09日 能力開発(幹部・リーダー)
2015年12月09日 能力開発(中堅・若手社員)
2015年12月09日 ビジネススキル
2015年12月09日

フォーラム・視察

開催月で選ぶ

2021年05月14日 7月開催
2021年06月02日 8月開催
2021年07月02日 9月開催

キーワードで選ぶ

セミナーに関するお問い合わせ

 ビジネススキル分野一覧 > 5ステップで学ぶ「事務ミスゼロ」の仕事術

 

icon_status_end.png

【参考までに前回実施内容を掲載】

(事業活動総合案内 No.120)

5ステップで学ぶ

「事務ミスゼロ」の仕事術

~事務ミスをなくし仕事の効率アップを図る実践ノウハウ~

スケジュール等 【通学】

と き

2021年5月26日(水)    10:00~17:00

ところ 電気ビル共創館 3階カンファレンス
福岡市中央区渡辺通2-1-82
講 師

株式会社ビジネスプラスサポート 人材育成プロデューサー
吉竹 優子 氏

対象者

当該スキルの向上を目指す事務職、若手社員
担当部門の日常業務のムダやミスに問題意識をお持ちの方

組織全体でミスゼロ仕事術を実現したいという事務リーダー

参加費(税込)
1名につき
賛助会員企業 27,500円
未会員企業  39,600円
会場レイアウト グループ形式・30名
詳細パンフレット パンフレット(PDF)


ご案内

なぜ、今「事務ミス」が問題なのか

経営の効率化に伴う人件費削減、残業ゼロの推進、AIやIoTを活用した新システム導入、新型コロナウイルス感染予防のための在宅勤務・遠隔会議といった企業を取り巻く環境が大きく変化するなか、仕事のやり方も変わり、担当範囲が広くなる傾向にあります。業務量が増えて忙しくなれば当然ミスも起こりやすくなります。

また、ひとたびミスをしてしまえば、やり直すという二度手間が発生するだけでなく、お客様や関係部署に迷惑をかけるなど、本人だけの問題にとどまらず、会社の信用にかかわる大問題に発展することもしばしばです。
しかし、仕事のやり方や手順を改善し、ミスのない仕事を行えば、お客様に信頼されるだけでなく業務効率も格段にアップします。


本セミナーでは、事務作業におけるミスとは何か、どのようにしてミスが発生するのか、といったミスの背景・原因を理解した上で、さまざまな事務作業でミスを減らすための考え方や取り組み方、周りの人間を巻き込みながら事務改善に取り組むためのコツについて、演習やケーススタディ、他社の参加者との情報交換を交えながら具体的に解説いたします。

講座内容

1.職場勤務も在宅勤務もミスを減らせば仕事の質も向上する【STEP1:ミスの怖さを知る】
   (1)ミスが招いた大きな損失・被害の実例
   (2)ハインリッヒの法則を知る
   (3)最近起きたヒヤリ・ハットを洗い出す【個人ワーク】
2.ミスの発見・改善に必要な視点とは【STEP2:どんなミスがあるのかを知る】
   (1)あなたの職場勤務や在宅勤務で起こるこんなミス【チェックリスト】

   ~分類し、チェックリストに基づいて情報共有~
3.ミスが発生する原因・背景を分析する【STEP3:なぜミスは起こるのかを知る】
   (1)ミスが起こった原因を多面的に考える
   ~職場で起こっている3大ミス要因~
   ・人間の習性が引き起こすミス  
   ・道具不備によるミス  
   ・環境不備によるミス
   (2)現象を引き起こした「要素」をツリーで考える
   (3)“なぜなぜ分析”で真の要因を探る【個人ワーク】

 (4)ミスが起こった背景を考える習慣をつける
4.3つの原因から考える「よくあるミスの対処法」【STEP4:ミスをどう改善するのかを知る1】
   (1)人の習性が引き起こすミスをなくす

   ・うっかりミスへの対処 
     ・思い込みによるミスへの対処

   (2)道具の不備が引き起こすミスをなくす
     ・引き継ぎのミスをなくす【マニュアルづくりケーススタディ】
   (3)環境の不備が引き起こすミスをなくす
     ・情報共有不足が引き起こすミスへの対処
     ・5S環境不備によるミスへの対処
5.今ある資源(ツール・人・環境)を活用して「ミスゼロ」のアイデアを出す

  【STEP4:ミスをどう改善するのかを知る2】
   (1)改善アイデア出しに有効な発想法【ブレインストーミング】
   (2)全体でアイデアを共有する
   (3)自身が取り組めることを明確にする
6.ミスゼロ職場を実現の実現に向けて【STEP5:周りを巻き込み取り組む方法を知る】
   (1)周りが参画意識をもつリモートワーク時代のリーダーシップ

   (2)ミスを隠すのではなくオープンにする風土をつくる
 

講師紹介

株式会社ビジネスプラスサポート

人財育成プロデューサー

吉竹 優子 氏


大学卒業後、株式会社クボタ入社。
一般職として研究部門に配属され実務経験を積んだ後にCSR部門へ異動し、事業部内でただ一人、総合職へ職務系列を転換した。その後、人事部ダイバーシティ推進室にて、男性の育児休業取得の推進やくるみんマーク取得、女性や外国人の活躍推進に貢献。また、全国の各事業所にてダイバーシティ研修を担当した。
参議院および衆議院の国会議員秘書を務める。
(株)ビジネスプラスサポート 人財育成プロデューサーとして、現在に至る。
一般職から総合職へ。事業部から人事部門へ。メーカー勤務時の双方の経験を活かし受講者に寄り添った研修が、安心感を与えやる気を引き出す。「自分を知り、相手を知り、お互いを磨き合うこと」で人も組織も成長していく、という考えのもと、理解にとどまらず実感することを信条とし、体感型の研修を展開している。自身の豊富な経験を交えながら論理的に組み立てていく研修は、臨場感に溢れわかりやすいと高い評価を得ている。

【実績】三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、SMBCコンサルティング株式会社、りそな総合研究所株式会社、みなとコンサルティング株式会社、株式会社R&D支援センター、一般財団法人中部生産性本部、一般財団法人南都経済研究所、一般社団法人岐阜県経営者協会、機械メーカー、特殊鋼鋼材メーカー、工作機械メーカー、プラントエンジニアリング、建設業、一般ガス供給会社、生命保険会社、損害保険会社、銀行、労働組合、自治体、大学、高等学校、保育園、学習塾、倫理法人会、他多数

申込にあたり確認事項 

■参加枠のご予約について


参加者が確定していない場合は、確実に参加いただけるよう参加枠の予約を受け付けております。

参加枠予約の有効期間は、開催4週間前までとなっておりますので、それまでに正式申込手続きをお願いします。


■参加者変更を希望される場合


お申し込み後に参加者を変更される場合は、お電話にてご連絡ください。

当方にて申込データを修正いたしますので、再度お申込確定メールに記載の参加証URLを開いていただければ修正された参加証を入手いただけます。


■キャンセルを希望される場合


開催日10日前までは、お申込み確定メールに記載のURLよりWEB上でキャンセル処理が可能です。

開催日10日以内のキャンセルにつきましては、お電話でのみ受け付けます。


なお、お客様のご都合により研修・セミナーお申し込み後にキャンセルされる場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。ご返金が発生した際には、払込手数料を差し引いてご返金いたします。
〈キャンセル料〉
(1)開催日2日前まで … なし
(2)開催日前日(営業時間内) … 受講料の50%
(3)開催日前日17:30以降~当日 … 受講料の100%

 ※前日が土日祝日にあたる場合は、その前営業日が前日となります。

 ※営業時間(9:00~17:30)以降のご連絡は、翌営業日とみなします。


■中止・延期について


講師の急病や天災・人災などの災害といった不可抗力により、止むを得ずセミナーを中止・延期する場合がございます。その際は、ホームページにてご案内するとともに、セミナー申込連絡担当者の方へ電話もしくはメールにてご連絡いたします。なお、中止の場合、受講料は返金いたしますが、それ以外の補償は行いません。


■受講料のお支払いについて


原則として、開催前日までにお振込みにてお支払いください。


申込要領

nagare1.png



       ※ご不明な点がありましたら、Q&Aを参照いただくか、電話にてお問合せください。

お問い合せ先

公益財団法人 九州生産性本部 (担当:鳥取部(とっとりべ)

福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 電気ビル共創館6階
TEL 092-771-6481
FAX 092-771-6490
btn_pagetop.png

〒810-0004 福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館6階
Phone : 092-771-6481 FAX : 092-771-6490 E-mail : support@qpc.or.jp

Copyright © 2016 Kyushu Productivity Center. All rights reserve